[贈与税]身内間で土地建物の無償貸し - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 身内間で土地建物の無償貸し

身内間で土地建物の無償貸し

夫名義の土地に、わたし名義で建物を建て、一部を賃貸アパートとしてわたしが不動産業をしています。夫婦(身内)間では、土地など不動産の貸し借りは無償でも贈与にはならないと聞いている通りです。
建物の一部は店舗になっており、そこで長男の嫁と画廊経営もしています。現在は私がオーナーで嫁を雇っている形ですが、だいぶ彼女も慣れてきたので予定通り1.2年後には私は店から手を引いて彼女に任せたい。彼女がオーナーになり、誰も雇わず一人で運営する予定です。
夫の所有、私の建物を嫁が無償で借りて商売をしても、「身内」のくくりになり
やはり贈与税などは発生しないのですか?
店の経営が赤字の時に多少なり経済支援すれば、それは当然贈与税の対象ですよね?

税理士の回答

土地や建物のを親族間で無償で貸与(使用貸借)しても、通常はそこに贈与税が課されることはありません。
但し、経営支援のためには金銭を授受した場合には、受け取った側に贈与税の問題が生じますのでご留意ください。

血のつながりではない、息子の嫁でも無償で使用賃貸できる「親族」にあたるのか、が心配でした。
無償で使用賃貸できる「親族」は、どこまでですか?

ご連絡ありがとうございます。
親族の定義は通常は6親等内の血族と3親等内の姻族をいいますので、息子さんの奥さんも親族に入ります。
なお、前述の回答では親族間と例示しましたが、親族間でなくても使用貸借(無償貸与)の場合には贈与税は課されていないのが実態と思われます。

わかりやすいご回答をありがとうございました。

本投稿は、2019年01月23日 00時36分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
33,729
直近30日 相談数
1,590
直近30日 税理士回答数
2,686