会社員 副業会社設立について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 会社員 副業会社設立について

会社員 副業会社設立について

現在、一般の会社員として働いておりまして副業で個人にて業務委託契約を別会社と交わして会社員+個人事業主として確定申告をしているのですが、副業の売上が1,000万円を超えてしまいそうで消費税事業者?との兼ね合いもあり合同会社等の設立を考えております。
それに当たっての質問点がございます。
現在は会社の社保に私と妻(専業主婦)が加入していて子供(幼児)がいます。
1.会社員を続けながら会社を設立した場合社保等はどうなりますでしょうか?(まだ決めてませんが合同会社なら私と妻で代表社員になろうと思ってます。私1人で設立出来るならそうしようと思ってます。)
2.会社設立した場合、報酬0にして私自身の確定申告をしないように出来ますでしょうか?
3.私も妻も報酬0にて会社に収入分だけを残して行く事は出来るのでしょうか?(保険等の面倒な作業をしたくない)

以上分かりづらい質問だとは思いますが回答貰えると幸いでございます。

税理士の回答

①設立した会社から役員報酬を受けなければ、設立法人では社会保険に加入する必要はありません。
代表社員(業務執行社員)は、一人でも設立できます。
②役員報酬0円は、特に問題ありません。
③その様にされても、特に問題ありません。
合同会社は、設立手続きが比較的に簡単で、登記印紙もリーズナブルです。

非常に助かりました。ありがとうございます。

度々質問になり申し訳ありません。
上記方法にて個人報酬0で会社に利益を残し続けて(少なくとも5年以上)何か問題点はございますでしょうか?
上記目的は会社に副業バレ無いのと節税目的が主です。
会社の方には今のままで行くと会社存続する限り利益出続けると思います。
又、利益出てる状態で会社を辞めた場合に今まで出ていた分の利益を個人に戻して辞める事は問題無いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

役員報酬が0円で、会社に利益を残しても、特に問題ありません。
しかし、法人の利益には、法人税が課税されます。
又、法人を解散した場合、出資額を超える部分は、配当所得として、所得税の課税対象になります。

本投稿は、2018年11月04日 11時40分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 合同会社設立

    合同会社の設立を機に、母親を業務執行役員として置き、月々8万円の給与を支払おうと思っています。100万以下ですと所得税、住民税の支払いはないのでしょうか?
    税理士回答数:  1
    2016年05月17日 投稿
  • 合同会社設立 報酬について

    今年9月に合同会社を設立しました。 そこで固定給与を8万にしましたが、12月給与のみ13万円の支給にしたいのですが、差額の5万円の名目をどうしたらよいでしょう...
    税理士回答数:  1
    2015年11月30日 投稿
  • 合同会社設立と株式会社設立で悩んでいます

    現在個人事業主(一人)をしています。 税金や社会保険料があまりにも高いため利益を圧迫しています。 対策として、合同会社か株式会社を設立しようと考えています。...
    税理士回答数:  3
    2016年11月11日 投稿
  • 合同会社設立後について

    会社を設立した場合、自宅を事務所扱いにしたいのですが、電気代などの維持費に関わる名義とか自宅の所有者名義なども会社の名義に変更しなければならないのでしょうか?
    税理士回答数:  1
    2018年02月19日 投稿
  • 合同会社を設立するメリット、デメリット

    株式会社でなく合同会社を設立する場合のメリットやデメリットは何ですか。また、合同会社にした場合にゆくゆくは株式会社へ変更することもできるのでしょうか。
    税理士回答数:  1
    2014年07月14日 投稿

関連キーワード

会社設立に関する相談一覧

分野

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
85,400
直近30日 相談数
1,317
直近30日 税理士回答数
2,255