副収入について会社設立か個人事業主か - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 副収入について会社設立か個人事業主か

副収入について会社設立か個人事業主か

給与収入1200万円(手取り約950万円)、副収入1000万円の場合、会社設立した方がよいでしょうか。
また上記、法人の場合と個人の場合で支払うおおよその税額も教えていただきたいです。(副収入にかかる経費は0で)

よろしくお願いします。

税理士の回答

その副業規模ですと、通常、会社設立します。
副業ですので、個人でやっている場合、事業所得と認められることはまずないので、雑所得となります。
雑所得の場合、赤字だと切り捨てで終わります。黒字ですと給与所得と合わせて累進課税で税金がかかるので税負担が重いです。
なお、会社設立をしても、本業がある間は役員給与を会社から貰わないことが多いです。会社から給与を貰うと、本業の給与とあわせると、税と社会保険料負担が大きいからです。
今、勤めている会社を辞めるときがきたら、設立した会社から役員給与を貰うことを検討するのが良いでしょう。
なお、法人の税負担は3割弱です。

本投稿は、2022年05月14日 10時09分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

会社設立に関する相談一覧

分野

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
83,518
直近30日 相談数
1,019
直近30日 税理士回答数
1,760