[配偶者控除]150万の壁とは。 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 150万の壁とは。

150万の壁とは。

夫の扶養から外れる事になりました。
今年度から配偶者の収入が150万まで大丈夫なんだと思っていて、収入金額を132万ほどで提出したのですが、特別控除枠にも当てはまらず、会社側からNGが出てしまいました。。

一体150万の壁とはなんなのか、詳しく教えていただきたいです。

税理士の回答

ご主人の所得額が900万円以下であれば、配偶者の給与収入が、103万円を超え、201万円以下までは、配偶者特別控除の対象になります。
(以上は、給与収入のみの場合です。)
ご質問社の収入が給与収入(132万円)であれば、配偶者特別控除の適用はあります。

ありがとうございます。
ご回答頂いた通り当てはまります。
会社によって適用限度額が違うとかあり得ませんよね。
明日夫の会社に問い合わせみようと思います。

所得税法で決められていますので、問題ないと考えます。
昨年と今年では、配偶者特別控除の適用範囲が大幅に拡大しています。

早速のご回答ありがとうございます!

すみません、少し戻ります。
私の収入が複数箇所からあるのですが、合算して経費を引いた額を給与収入として132万と出したのですが合っていますか?

本投稿は、2018年11月19日 23時59分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,606
直近30日 相談数
1,200
直近30日 税理士回答数
2,423