配偶者控除に関して - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 配偶者控除に関して

配偶者控除に関して

課税所得が1000万円超の場合は配偶者控除対象外ですが、株式売却益で1000万円超となった場合もあてはまるのでしょうか?
特定口座、普通口座両方とも当てはまるのでしょうか?

税理士の回答

今年からは、合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者控除は受けられません。
株の売却益は、特定口座、普通口座両方とも該当します。

株の売却の場合、特定口座で源泉徴収あり、かつ、確定申告しない場合は合計所得金額に含まれないのでは…?

所得税の原則です。
「参考」
合計所得金額
次の1と2の合計額に、退職所得金額、山林所得金額を加算した金額です。
※申告分離課税の所得がある場合には、それらの所得金額(長(短)期譲渡所得については特別控除前の金額)の合計額を加算した金額です。

1事業所得、不動産所得、給与所得、総合課税の利子所得・配当所得・短期譲渡所得及び雑所得の合計額(損益通算後の金額)
2総合課税の長期譲渡所得と一時所得の合計額(損益通算後の金額)の2分の1の金額

上記ご回答には記載されていない、
特定口座座で源泉徴収あり、かつ、申告不要の場合は上記のご回答には該当していないと推測します。 よってその部分は合計所得金額に含まれない筈と考えます。
間違っていましたら明日回答致します。

本投稿は、2019年01月04日 21時26分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,576
直近30日 相談数
1,227
直近30日 税理士回答数
2,490