税理士ドットコム - サラリーマン夫の年収1600万円 配偶者控除 適用外 - ①青色事業専従者給与は、その年度で支払っていれば...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. サラリーマン夫の年収1600万円 配偶者控除 適用外

サラリーマン夫の年収1600万円 配偶者控除 適用外

サラリーマン夫 年収1600万円
不動産賃貸業 180万円
私 専業主婦

年末に会社から1220万円を超えたため
税改正で今年から配偶者控除が適用外と言われました。
10年前から青色申告していたので
青色事業専従者給与の申請を年末ギリギリで
税務署に提出して来ました。
月々5万円
ボーナス20万円X2
この金額以下で計上予定ですが

①今年度も1月に遡って計上できるのでしょうか?
②赤字になっても青色事業専従者給与を支払っていいのでしょうか?

以上2点
節税の観点からお伺い致します。

税理士の回答

①青色事業専従者給与は、その年度で支払っていれば控除されます。
②青色事業専従者給与は、適正な金額であれば認められます。

早速のご回答ありがとうございます。
不動産賃貸業が赤字でも青色事業専従者給与は
計上しても宜しいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

税務署に指導される可能性はありますが、青色事業専従給与の金額が適正額であれば、特に問題ないと考えます。

本投稿は、2018年12月30日 09時07分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,181
直近30日 相談数
1,143
直近30日 税理士回答数
2,274