税理士ドットコム - [扶養控除]複数のアルバイトと他の収入の確定申告 - 以下の様に合計所得金額が48万円を超えると、親の...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 複数のアルバイトと他の収入の確定申告

複数のアルバイトと他の収入の確定申告

画家と、4つのアルバイトをしています。
どのアルバイトも源泉徴収されておらず、単発も含みます。
2つの収入を合わせると130万円超えます。

ただ画家業の方で賞金が合わせて70万円(別々の主催で20万円と50万円)あり、これが「収入」にはいらないならば
合計103万円超えません。


画家業と書きましたが開業届はだしておらず、
親の扶養に入っています。

扶養内なら青色はできないと聞いたので、
申告するなら白色かと思うのですが、
そもそも確定申告が必要なのでしょうか?


色々調べてはいるのですが、複数のアルバイトと開業届をだしていないフリーランス?の方の例が見つけにくく、混乱気味なのでわかりやすく教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

税理士の回答

以下の様に合計所得金額が48万円を超えると、親の扶養から外れ確定申告が必要になります。48万円以下であれば、親の扶養内になり、確定申告は不要になります。
1.給与所得
収入金額-給与所得控除額55万円=給与所得金額
2.雑所得(画家)
収入金額-経費=雑所得金額
3.1+2=合計所得金額

本投稿は、2022年01月14日 18時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

扶養控除に関する相談一覧

分野

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
77,093
直近30日 相談数
1,768
直近30日 税理士回答数
2,872