税理士ドットコム - [確定申告]【年度途中での転職】年末調整されていない件について - 必要な手続きは、平成29年分の所得税の確定申告(...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 【年度途中での転職】年末調整されていない件について

確定申告

 投稿

【年度途中での転職】年末調整されていない件について

正社員として年度途中に退職~無職~再就職をしました。
平成29年度
4月 前職を退職(正社員)
4月~10月 無職(失業保険給付)
11月 再就職(正社員)
・前職の源泉徴収票あり
・現職の源泉徴収票なし

私はてっきり、会社が年末調整を行ってくれるものだと思っており、すっかり忘れて今現在に至ります。(平成30年5月)

確定申告(還付申告)はしておりません。

私がしなければならない手続き、必要な書類についてご教授頂けると助かります。

税理士の回答

必要な手続きは、平成29年分の所得税の確定申告(期限後申告)になります。
その際に必要となる書類は、前職と現職の平成29年分の源泉徴収票、生命保険・損害保険の控除証明書、医療費控除を受ける場合には医療費の領収書、寄付金控除を受ける場合には寄付金の証明書、還付金の振込口座、等になります。
平成29年分の確定申告書を作成して、お住まいの所轄税務署に提出してください。

まずは、現職の平成29年分の源泉徴収表を入手してください。

次に、ご自宅にあるはずの下記の書類を揃えます。
①該当する場合には、平成29年の11月〜12月にご自宅に郵送されているはずの保険会社からの各種保険料控除証明書、
②市町村からの国民年金保険料控除証明書、
③無職期間に支払った国民健康保険料の合計額、
④あれば寄附金控除証明書や医療費控除の対象となる医療費の領収書、
⑤写真つきマイナンバーカード(ない場合はマイナンバー通知カード※と、運転免許証や健康保険証などの身分証明書をもう一つ)
※緑っぽい髪のカード
⑥やめた会社の源泉徴収票
⑦還付金の振込口座情報

これらを持ってご自宅を所轄する税務署に行けば、申告書の書き方を指導してもらえます。
自分で作成するときは、国税庁の確定申告書作成コーナーで、とても使いやすい確定申告書作成ソフトが提供されていますので、利用してください。

本投稿は、2018年05月16日 16時50分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
15,742
直近30日 相談数
773
直近30日 税理士回答数
2,560

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら