フリーランスの確定申告 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. フリーランスの確定申告

フリーランスの確定申告

私は現在、フリーランスとアルバイトとを行っている者です。

アルバイトとはいっても、フリーランスのほうが本業です。

アルバイト自体は年収で24万円程度しかありませんが、アルバイト先が確定申告を行ってくれています。

フリーランス分に関しては自身で確定申告を行います。

ここで質問なのですが、副業は20万円以下であった場合は確定申告の必要はないと聞きましたが、当然この額は年収にして超えてきます。

年収が103万円以下であれば確定申告の必要が無いというルールを聞いているのですが、例えばアルバイトが24万円の収入として、フリーランス所得が79万円以下の年収であった場合は確定申告の必要はないのでしょうか。

どなたかご回答していただけると助かります。

税理士の回答

アルバイトは給与所得、フリーランスは事業所得(または雑所得)ですね。
まず、確定申告が不要なのは、年間の全ての合計所得が38万円以下になる場合です。
ご質問者様の場合の給与所得の所得は0円ですが事業所得の所得が38万円を超えると確定申告が必要です。

また、副業20万円以下申告不要ルールとは、年末調整された給与所得のほか、事業所得などの所得が20万円以下の場合は所得税の申告が不要というものです。(ここでの副業とは収入が少ないものということではありません。)
ご質問者様が本業といっているフリーランスがこの場合は副業です。
したがって、事業所得の所得が20万円を超えると申告が必要です。
なお、20万円以下で所得税の申告は不要でも、住民税の申告は必要ですのでご注意ください。

本投稿は、2019年07月12日 00時56分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
33,670
直近30日 相談数
1,561
直近30日 税理士回答数
2,661