確定申告の事で教えてください - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告の事で教えてください

確定申告の事で教えてください

完全出来高制の仕事をする場合
給料はどのぐらいに、おさめれば
確定申告しなくてすみますか?

また、住民税は年間どのぐらいの収入なら
確定申告行かなくてすみますか?

税理士の回答

①出来高の給料でよいですね。
②それを前提にすると
③所得税は、48万+55万=103万円
④住民税は、43万+55万=98万円 です。
給料で、年末調整をしていただいている場合には、
⑤確定申告は不要です。
よろしくお願いします。

出来高だとおそらく会社が年末調整してくれませんが、自分で確定申告行くのを避けたいので
なるべく行かなくてもいいように
稼ぎをおさえくて…
出来高の給料が年間で98万未満なら
住民税は払わなくて平気という事でしょうか?

[
出来高の給料が年間で98万未満なら
住民税は払わなくて平気という事でしょうか? ]
①はい、その通りです。
②住所が、親と同じならば、市町村は、申告(所得では、無申告でも、)しなくても、申告については、問い合わせがないのですが、
③住民票を移していて、一人の世帯などですと、役場から、お尋ねが来ます。ので
③その時は、給料の明細書を見せ、住民税だけ申告という形になります。国民健康保険を相談者様が納めるようになります。
④扶養の時には、お尋ねはこないでしょう。
よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
親の扶養になってて社会保険です。
その場合は特に何もしなくて平気ですか?
出来高の給料98万というのは所得ではなく
純粋に自分が稼いだお金のことで合ってますか?

出来高の給料98万というのは所得ではなく純粋に自分が稼いだお金のことで合ってますか?
①いいえ、給料の場合の金額です。
②給料の場合には、98-55=48で、この48が基礎控除といいます。これ以下の場合には、です。
③給料以外の場合には、「純粋に自分が稼いだお金」から経費を引いた残りが、所得税48万・住民税43万です。
難しいです。給料と、給料以外は、別のものと、思ってください。
間違わないようにお願いします。m(__)m

なんだか難しくて、まだ理解ができてない気がします…不安です。。
1番簡単で面倒がないのは社保完備のアルバイトをすることでしょうか??

なんだか難しくて、まだ理解ができてない気がします…不安です。。
1番簡単で面倒がないのは社保完備のアルバイトをすることでしょうか??
①年末調整をしていただければ、自分で確定申告をしないでよいです。
②必ずしも、社保完備でなくても、良いです。
よろしくお願いいたします。

アルバイトの場合は社保に加入しなくても
年収103万以下なら何もしなくて大丈夫ですよね??これは所得じゃなくて年収ですよね?

アルバイトは、給料と思いますので、給料の場合には、安心してください。何もしなくて、良いです。

業務委託の場合が
ややこしくなるのですね…

給料でない場合には、もらったお金=収入から、経費を計算して、差引した数字が利益です。
なので、ややこしいです。
よろしくお願いします。(*_*;

なるほど…
アルバイトの場合は社会保険に加入しなくても
103万未満なら何もしなくて平気で
業務委託の場合は、手取りで48万未満なら
確定申告も住民税も何もしなくていい
ということで合ってますか?間違えてたらすみません。

あっています。(^^)/
その通りです。
よろしくお願いします。(^_-)-☆

ありがとうございます!
あと教えていただきたい事があるのですが
国民年金の納付猶予制度というのを
毎年利用してるのですが、猶予制度は所得が57万以下じゃないと審査に通らないらしいのですが
所得が57万までって月収にするといくらのこと
になるのでしょうか?…

①給与だと、1,120,000円です。
よろしくお願いします。
下記が社会保険機構から、ですが
参考に見てください。
よろしくお願いします。

2.保険料免除・納付猶予の承認基準(所得の基準)

1.全額免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
2.4分の3免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
3.半額免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
4.4分の1免除
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
5.納付猶予制度
前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

ありがとうございました。

年収を1,120,000円以下に
おさめれば、猶予の審査は通る
という事ですやね?

社会保険機構の記載では
1全額免除は、35+22=57万円
57+55=1120000円。
そのような計算なります。
安心してください。

すみません、全額ではなく
納付猶予制度です。
業務委託の仕事の場合の手取り48万未満、
社保に加入しないアルバイトの103万未満を
守ってれば、猶予の審査も平気ということで合ってますか??

①はい、その通りです。
あっています。(#^.^#)
よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!
ネットで見たところ年末調整してくれない会社もあるとのことですがそれでも上記の金額を守ってれば自分でやらなくて大丈夫ですか?

あと、社保に加入しないバイトの103万未満というのも
住民税も込みのことですよね?

何度もごめんなさい

住民税は103万ではなく98万円です。
よろしくお願いいたします。

社保に加入しないバイトの場合は98万以内にすればいいということでしょうか?

住民税は、そうなります。
よろしくお願いいたします。

なんだか難しいですね…
業務委託に関しては48万未満なら住民税も
平気なのですよね?

業務委託に関しては48万未満なら住民税も
平気なのですよね?
住民税は、どのような場合にも、43万です。
よろしくお願いします。

住民税を払わないようにするには
業務委託の仕事は43万未満
アルバイトの場合は98万未満
にすればいいということでしょうか?
これだったら住民税も確定申告も
自分で手続きをやらなくてすむという
ことでしょうか?

はい、その通りです。
業務委託 住民税は、43 所得税は、48
給料の場合には、住民税は、98 所得税は 103
だから、43と98なら何もしないでよい。
国民年金も、全額免除です。!(^^)!
よろしくお願いします。

これを合言葉に覚えましょう。
今お風呂に入り、どう説明しようか、考えました、
上記がキャッチフレーズでス。(^_-)-☆
よろしくお願いします。

こんなに長くご丁寧に
ありがとうございます。
理解力がなくて申し訳ないです。

いえ、みな、税務や、制度上の数字については、わからないことが多いです。
私も悩みます。
頑張ってください。( ^)o(^ )

本投稿は、2020年05月23日 06時47分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,794
直近30日 相談数
1,855
直近30日 税理士回答数
3,718