税理士ドットコム - [確定申告]事業主貸、借勘定の使い方が、よくわかりません。ご教授下さい。 - 両者とも、お考えの通りで良いと思います。個人事...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 事業主貸、借勘定の使い方が、よくわかりません。ご教授下さい。

確定申告

 投稿

事業主貸、借勘定の使い方が、よくわかりません。ご教授下さい。

私は、個人事業主で、ネットショップを持っております。

確定申告の仕訳の事で、お伺い致します。

弊店は、クレジットカード使用可ですが、
某会社に、そのカード使用料を払っております。
使用料は、売上との相殺で、個人事業主名義の口座に
入金されます。

<例>
1.売上 30,000円/月
2.月額クレジットカード使用料 2,000円
3.口座振込手数料 200円
4.入金額 27,800円
私の行った仕訳は、下記の通りです。

売掛金    30,000      売上 30,000

支払手数料   2,200※     売掛金 30,000
普通預金   27,800

私は、通常、全ての仕入と、諸経費を、私個人からの支出にしておりますで、

借方 仕入    xx     貸方 事業主借 xx
借方 支払手数料 xx     貸方 事業主借 xx

で統一しております。
ただ、上記の※支払手数料2,200円は、普通預金(店の)からの支払いになるので、経費計上の際の支払手数料に入れなければ、二重計上にならず、
OKなのでしょうか?
また、今後、売上振込手数料が、高いので、別の私個人の口座に、売上金を入金してもらうことにしたのですが、その場合の仕訳は、どうなるのでしょうか?
借方 事業主貸 27,900 貸方 売掛金 30,000
   支払手数料 2,100(内訳 月額クレジットカード使用料2,000円 口座振込手数料 100円)
これでよいのでしょうか?
回答を宜しくお願い致します。






税理士の回答

両者とも、お考えの通りで良いと思います。
個人事業の場合、どうしても生活のためのお金と混ざってしまうので、厳密な貸借対照表の作成が難しく、その為に、事業主貸借の科目で補うのではないかと思います。
よって損益計算書を最優先にされれば良いと考えます。

本投稿は、2015年03月08日 11時42分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,628
直近30日 相談数
1,480
直近30日 税理士回答数
2,213