[贈与税]土地2分の1所有 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 土地2分の1所有

土地2分の1所有

先日、父が亡くなり税金関係他を整理してたら、土地の所有者が他1名[父の弟]と記載されてました。父の弟に聞いた所
何十年も前に税金対策??で2分の1所有にしてたとの事ですが、20年前にその土地に家を建て、今母が1人住んでます。

弟から、2分の1の名義を母1人にしよう。という事を言われましたが、その場合贈与税が発生しますか??
また、いくら位かかりますか??
土地評価額は、980万円です。
贈与税が高額なら、そのまま2分の1所有のままで続行したいのですが、それだと違法ですか?
手続きや相談は税理士ですか?司法書士ですか?何もわからず、すみません。

税理士の回答

そのままだと相続時、大変だと思います。
弟さんが納得していれば、真正な登記名義の回復でしょうか。
司法書士の先生にご相談ください。

土地の評価額980万円は路線価の評価額でしょうか、固定資産税の評価額でしょうか。
贈与税の課税対象は路線価による評価額になりますので、980万円が路線価の評価額であれば、その1/2である490万円がお母様に名義変更したときの贈与税の課税対象となります。その場合の贈与税の金額は51万円になります。

贈与税の納税が大変な場合に、持分1/2をそのままの名義にしておいても、違法となることはありません。但し、お母様は叔父様の相続人ではないと思いますので、叔父様に本件土地をお母様に遺贈する旨の遺言書を書いて頂くことが望ましいと思います。

名義変更や今後の対策に関しては、税理士と司法書士が同席の場所で相談されるのが宜しいと考えます。

税理士ドットコム退会済み税理士

相続時に名義変更するのが流通税負担が軽減されるので急いで変更されることもなかろうかと存じます。
ただ、相続時に弟さんから子弟に相続となると収拾が付かなくなるため、贈与税負担を甘受するのも一案です。

本投稿は、2018年05月21日 21時14分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,428
直近30日 相談数
1,217
直近30日 税理士回答数
2,191