税理士ドットコム - [贈与税]相続税の課税資産の調べ方、3年以内の贈与 - 預貯金については、通帳の保存がない場合、金融機...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 相続税の課税資産の調べ方、3年以内の贈与

相続税の課税資産の調べ方、3年以内の贈与

被相続人の現在の資産等は調べやすいのですが、

3年以内の贈与

こちらの調べ方がいまいちよくわかりません。


通帳や年末調整などから判断するかと思いますが、通帳が3年前などはなかったりします。

どうぞよろしくお願いいたします。

税理士の回答

預貯金については、通帳の保存がない場合、金融機関に照会することにより取引履歴を取得することができます。(有料)
取引履歴から、贈与に該当する可能性がある出金の行方を調査し、贈与の有無を確認してみるとよいです。(贈与に限らず、入出金理由の不明なものを抽出しその理由を解明することは申告もれを防ぐために重要なことです。)

本投稿は、2019年01月11日 18時54分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,228
直近30日 税理士回答数
2,148