税理士ドットコム - [贈与税]収用事業における補償金の子から親への贈与について - 1 ご相談者様が受け取った補償金をお母様に贈与す...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 収用事業における補償金の子から親への贈与について

贈与税

 投稿

収用事業における補償金の子から親への贈与について

母と私の共有名義の土地建物があり、それが収用事業によって買収されます。
私は住んでおらず、母のみが住んでいますので、補償金については母に譲渡しようと思っています。
役所の方に補償項目のうち、土地建物の補償金については非課税になるが、動産移転料と移転雑費は使って、残ったら課税対象となると伺いました。
私が受け取った補償金を母に譲渡したら贈与税として課税されるのでしょうか。
ちなみに元々、家の名義は父と母でしたが、離婚、父が他界して私が相続しました。
なお名義は父のまま変更しておりません。
私は扶養家族でパート収入をギリギリに抑えています。
この場合であれば贈与税と一時所得が発生するのでしょうか?
また、良い方法があればご教示お願いします。

税理士の回答

1 ご相談者様が受け取った補償金をお母様に贈与すると贈与税がかかってしまいます。

2 所得税については、土地建物の補償金については譲渡所得になりますが、収用の5000万円の特別控除が使えると思いますので、課税所得はゼロになります。動産移転と移転雑費は一時所得の対象となり必要経費を引いて50万円控除した後の1/2が課税対象になります。
なお、扶養になれるかどうかの判定は、譲渡所得の特別控除前の所得金額で判定することになりますので、収用される年だけは扶養になることができませんので、ご留意ください。

早速のご回答ありがとうございました。
扶養になれるかどうかの判定は特別控除前の所得金額となると仰っていますが、それは5000万円の特別控除の事ですか?50万円の控除でしょうか?

扶養になれるかどうかの判定については、5000万円の特別控除前の所得金額で判定します。

ご回答ありがとうございます。
扶養手当を死守するには名義を役所との契約前に母にするしかありませんね。
それでも税金は別にかかってしまいますね。

税務上の扶養控除ができるかと会社の扶養手当の関係は別だと思います。
いずれにしても、税務上の扶養になれるかどうかの判定は、先ほどご説明したとおり、5000万円の特別控除前の所得金額で判定します。
よろしくお願いいたします。

度々、失礼します。
知り合いに、「買収される土地建物の最初の購入金額がわかれば補償金の所得から控除できるよ」と聞きましたがいかがでしょうか?
ちなみに、役所から提示された金額は購入金額よりわずかに少ないので、売買でいうと赤字になります。20年ほど前に購入した家ですが所得はないと判断されるのでしょうか?
ご教示お願いいたします。

本投稿は、2019年01月21日 09時17分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

贈与税のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,571
直近30日 相談数
1,460
直近30日 税理士回答数
2,186