税理士ドットコム - 贈与税を贈与者本人が払っていた場合の被贈与者の支払い額について - 贈与税の時効は仮装隠蔽行為ではない場合、6年間で...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 贈与税を贈与者本人が払っていた場合の被贈与者の支払い額について

贈与税を贈与者本人が払っていた場合の被贈与者の支払い額について

200万円を毎年20年間贈与し、その贈与税を贈与者本人が支払いをし、最後の贈与から5年後に税務調査でそのことが発覚した場合、その時点で被贈与者はいくら贈与税、加算税、延滞税などを支払う必要があるでしょうか。
お願い致します。

税理士の回答

贈与税の時効は仮装隠蔽行為ではない場合、6年間ですので、5~6年前の贈与のみ対象となります。
贈与者が贈与税を負担していたということは、その贈与税額も贈与となります。
1年分の200万円の贈与税額は9万円、よって209万円の贈与を受けたことになりますから9千円の修正申告が必要です。
加算税は少額で不徴収でしょう。
延滞税は納期限から本税9千円を納めるまでの間で算出されますがさほど大きな額にはならないと思われます。

ご回答頂き、ありがとうございます。
ご確認をさせて頂きますが、
最終的に贈与された側が支払う額は9千円とその時までの延滞税ということでしょうか。

はい、200万円(110万円控除前)の贈与税申告を毎年していて、贈与税額を支払ってもらっていたのであれば、1年分の修正申告の本税は9千円、さらに延滞税です。
6年が時効ですから2年分になるかもしれませんね。

ご丁寧にご説明頂きましてありがとうございました。

本投稿は、2019年03月14日 22時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 税務調査時の贈与税の支払者について

    贈与税の支払い者についてお聞きします。 現金で贈与を行う場合で、もし贈与税を贈与をする側本人が支払っていた場合は贈与は成立しないと思いますが、 税務調査時に...
    税理士回答数:  1
    2019年02月08日 投稿
  • 延滞している贈与税今払うといくら?

    平成25年の1年間で、二百万円の贈与を受けましてが、申請もせずそのままになっています。贈与税は、いくらかかりますか?今年末には払うとして、延滞金や、加算税や、他...
    税理士回答数:  5
    2017年10月12日 投稿
  • 贈与税申告漏れの加算税・延滞税

    お聞き苦しい話だと思いますが、贈与税の申告を忘れていました。 昨年私の実家をリフォームした際、私の両親から私たち夫婦へ家屋を贈与されたのですが、その申告をしな...
    税理士回答数:  2
    2018年06月25日 投稿
  • 延滞税・加算税について

    私は4年分の申告漏れを気づいてから、自主的修正申告書を提出して、同日に少ない分を支払いしました。合計は79,000円でした。 私の質問は、 1)延滞税や...
    税理士回答数:  2
    2018年01月26日 投稿
  • 延滞税や加算税の計算について

    延滞税や加算税の計算について仮の事例で質問します。 2015年の所得を申告して20万円を納税済みですが、 税務調査により、本来の納税額は50万円とされた...
    税理士回答数:  1
    2018年10月09日 投稿

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,301
直近30日 相談数
1,015
直近30日 税理士回答数
1,921