お年玉の贈与税課税対象に関して - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. お年玉の贈与税課税対象に関して

お年玉の贈与税課税対象に関して

私は現在22才で、会社勤めです。
親は自営業をしてることもあり比較的裕福です。
2年前に成人した時毎年もらっていたお年玉(毎年50万ほど)を積み立てていた口座の通帳やキャッシュカードを受け取りました。
預金額としては高額なので、受け取ってからその預金には手をつけていません。
(これから引っ越しをすることもあるので使う予定はあります。)

そこで質問なのですが、この預金(自分名義)には贈与税がかかるのでしょうか。
お年玉は社会通念上の範囲内であれば贈与として考えられるも非課税と聞いたのですが、調べてみると贈与税かかる可能性があるとの見解も出てきました。
子供の頃からお年玉はもらった後に親と一緒に銀行に預けに行く習慣があったので以前よりもらってる認識はあり、名義預金という考えもありませんでした。
贈与契約書などは作成していません。

連年贈与として扱われて課税対象になってしまうのかもご質問したいです。

税理士の回答

民法上、未成年の場合にはその親権者(両親)が同意することで贈与契約は成立し、財産の管理も親権者が代理することとされています。
ご相談のケースでは、毎年頂いていたお年玉(非課税)を親権者である親御さんが承知されていて、親御さんが未成年者である相談者に代わって管理なさっていたものであり、その預金はあくまでも相談者様の固有財産と考えるのが通常です。
そして、成人されたので自分の預金を自分で管理することとなっただけの話ですので、そこに贈与税が生じる余地はないと考えます。

ご回答ありがとうございます。
わかりやすくて助かります。
お年玉が高額な際、そこを言及されて贈与とみなされる事例はあるのでしょうか。

ご連絡ありがとうございます。
子供さんのお年玉に贈与税を課税したという事例は、私は聞いたことがありません。
毎年のお年玉が50万円程というのも高額の方だと思いますが、贈与税には年110万円の基礎控除という非課税枠もありますので、その金額に収まっていれば贈与税の問題はないと考えて大丈夫です。

ありがとうございます。
安心いたしました!

本投稿は、2019年05月18日 12時02分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 長年手渡しでのお年玉に対しての贈与税

    10年近く貯めた110万以上超えるお年玉を銀行に預けようと思っているのですが、手渡しなので毎年110万以下貰っていたという証明がない場合、どのようにして贈与税を...
    税理士回答数:  1
    2017年03月10日 投稿
  • 貯めてきたお年玉に対する贈与税

    今まで親戚からもらったお年玉110万以上を口座に預ける場合、贈与税はかかりますか? 年間で110万以上なら払う必要があると聞いたのですが、例えば自分が20歳な...
    税理士回答数:  1
    2017年03月07日 投稿
  • 0才の子供への、土地名義の贈与は成立するか?

    相続について質問です。 家庭にちょっと事情があって、死後の相続ではなく、生前贈与で 財産を子供(現在0才)へ託したい。 子供名義の預金で毎...
    税理士回答数:  1
    2018年02月13日 投稿
  • 連年贈与に関して

    叔父から500万円程度の現金で贈与を受ける際に、贈与税の非課税枠を使って贈与を受けようと思います。 ①例えば妹、親、私に100万ずつ贈与してもらい、そのの...
    税理士回答数:  1
    2016年05月16日 投稿
  • 親が僕の口座に積み立てたお金 贈与税

    親が僕の名義の口座に、子供の頃からお年玉を積み立て、簡易保険、学資保険の解約返戻金(300万ほど)なども入れてくれており、計800万ほど入った通帳を去年もら...
    税理士回答数:  2
    2018年12月25日 投稿

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,841
直近30日 相談数
1,212
直近30日 税理士回答数
2,128