税理士ドットコム - [贈与税]住宅取得資金の贈与の非課税の特例について - 纏めて贈与を受けたとしても問題ありません。住宅...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 住宅取得資金の贈与の非課税の特例について
Amazonギフト券 5000円分 プレゼントキャンペーン実施中!

住宅取得資金の贈与の非課税の特例について

親から1,000万円のまとまった贈与を受けました。

この贈与額については800万円を住宅取得資金とし、残り200万円を今後の生活資金としました。

住宅取得資金に充てた800万円については贈与の非課税の特例を適用し、200万円を暦年の贈与税申告をしても問題ないでしょうか?

まとまった1,000万円の贈与額を住宅取得に当ててないことで非課税の特例を否認されたりしないか心配です。

税理士の回答

纏めて贈与を受けたとしても問題ありません。
住宅取得資金贈与800万円、暦年贈与200万円で贈与税申告をしてください。

本投稿は、2021年02月23日 14時17分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

贈与税に関する相談一覧

分野

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
59,872
直近30日 相談数
1,946
直近30日 税理士回答数
3,169