税理士ドットコム - 貯金に対する贈与税、前妻との子供との財産分与について - > 贈与税を払っていないと財産分与の際の修正申告...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 貯金に対する贈与税、前妻との子供との財産分与について

貯金に対する贈与税、前妻との子供との財産分与について

現在、家族の為の貯金を妻である私名義の口座でしています。
年間110万を超えていますが、贈与税などは払っていません。
主人には前妻との間に子供がいる為、主人が亡くなった際の財産分与でその名義の貯金は渡したくないなと思っています。
贈与税を払っていないと財産分与の際の修正申告で主人の財産とみなされ、結局財産分与の対象になるのでは?という解釈なのですが、合っていますでしょうか?
そこで質問なのですが、
1
年間110万以上だと贈与税がかかるとの事ですが、仮に年間240万の貯金をした妻名義、子供名義で貯金した場合、2つの口座に110万ずつ入れるとどうなるのでしょうか?
2
過去数年分の貯金額に贈与税がかかる場合は、年間の貯金額×年数の贈与税なのか、現在の貯金額のみでの贈与税になるのでしょうか?
3
現在の貯金を財産分与せずに済む方法はあるのでしょうか?

税理士の回答

贈与税を払っていないと財産分与の際の修正申告で主人の財産とみなされ、結局財産分与の対象になるのでは?という解釈なのですが、合っていますでしょうか?


その通りです。

そこで質問なのですが、
1
年間110万以上だと贈与税がかかるとの事ですが、仮に年間240万の貯金をした妻名義、子供名義で貯金した場合、2つの口座に110万ずつ入れるとどうなるのでしょうか?


どのような名目でも、贈与を受けた金額の総合計が、贈与税の対象金額です。

2
過去数年分の貯金額に贈与税がかかる場合は、年間の貯金額×年数の贈与税なのか、現在の貯金額のみでの贈与税になるのでしょうか?


通常、まとめてになると考えます。

3
現在の貯金を財産分与せずに済む方法はあるのでしょうか?


弁護士にご相談ください。

ご返信ありがとうございます。
相談先が違った場合は申し訳ないのですが、もう1点質問です。
贈与税を払うと払った者の所持となり、財産分与にはひっかからないのでしょうか?

贈与税を払うと払った者の所持となり

頂いた人のものになります。税金を支払うかどうかにかかわらず。

、財産分与にはひっかからないのでしょうか?

財産分与といっているのは、ご主人がなくなった際の相続財産についてでしょうか?
3年間は、相続財産に取り込まれます。

ご返信ありがとうございます。
はい、主人がなくなった際の財産分与です。
重ねての質問で恐縮ですが、3年間というのはどのような意味でしょうか?

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4161.htm
上記をお読みください。
下記も引用しています。

No.4161 贈与財産の加算と税額控除(暦年課税)

[令和2年4月1日現在法令等]

 相続などにより財産を取得した人が、被相続人からその相続開始前3年以内(死亡の日からさかのぼって3年前の日から死亡の日までの間)に贈与を受けた財産があるときには、その人の相続税の課税価格に贈与を受けた財産の贈与の時の価額を加算します。
 また、その加算された贈与財産の価額に対応する贈与税の額は、加算された人の相続税の計算上控除されることになります。
 加算される価額の基になる贈与財産の範囲と控除する贈与税額は次のとおりです。

※ 被相続人から相続や遺贈により、租税特別措置法第70条の2の2(直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税)第10項第2号及び租税特別措置法第70条の2の3(直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税)第10項第2号に規定する管理残額以外の財産を取得しなかった人(相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得している人を除きます。)については、相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税に係る贈与によって取得した財産であってもその価額は、相続税の課税価格に加算されません。
1 加算する贈与財産の範囲
 被相続人から生前に贈与された財産のうち相続開始前3年以内に贈与されたものです。3年以内であれば贈与税がかかっていたかどうかに関係なく加算します。
 したがって、基礎控除額110万円以下の贈与財産や死亡した年に贈与されている財産の価額も加算することになります。
2 加算しない贈与財産の範囲
 被相続人から生前に贈与された財産であっても、次の財産については加算する必要はありません。 (1) 贈与税の配偶者控除の特例を受けている又は受けようとする財産のうち、その配偶者控除額に相当する金額
(2) 直系尊属から贈与を受けた住宅取得等資金のうち、非課税の適用を受けた金額
(3) 直系尊属から一括贈与を受けた教育資金のうち、非課税の適用を受けた金額
(4) 直系尊属から一括贈与を受けた結婚・子育て資金のうち、非課税の適用を受けた金額

3 控除する贈与税額
 控除する贈与税額は、相続税の課税価格に加算された贈与財産に係る贈与税の税額です。ただし、加算税、延滞税、利子税の額は含まれません。
※ 相続時精算課税の適用を受けている者の贈与財産の価額の加算と税額控除については、相続時精算課税の選択で説明しています。

大変参考になりました!
ありがとうございます。

本投稿は、2021年06月11日 05時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

贈与税に関する相談一覧

分野

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
65,700
直近30日 相談数
1,454
直近30日 税理士回答数
2,462