[生前対策]贈与税 節税のためにすること - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 生前対策
  4. 贈与税 節税のためにすること

生前対策

 投稿

贈与税 節税のためにすること

義父が1100万円程の預金があります。
最近入院して、今後の事を考え、遺産を相続する場合、贈与税がかかると思うので、少しでも節税したくご相談しました。

相続人は義母になりますが、私の主人を含め三人兄弟です。
生前に、母、兄弟、計4人に110万円ずつ、贈与をすれば単純に

1100万円-440万円

660万円に対して贈与税がかかる、ということになりますか?

また、生前贈与にあたってすること、は特にありますか?

税理士の回答

基礎控除額5400万円(3000+600×相続人4人)を超える遺産部分が、相続税の課税対象となります。

ご理解の通り、110万円/年までは各人ごとに贈与税の非課税枠があります。

1100万円から110万円×4=660万円をどなたが受け取るのかはわかりませんが
、110万円/年の非課税枠を超え部分に関しては計算上、贈与税がかかります。

110万円×4人×3年にすれば、3年間の時間は要しますが、非課税の範囲内のため贈与税はかかりません。

遺産を相続する場合の税金は贈与税ではなく相続税になります。
贈与税は生前に財産を移動した場合に、移動した財産の価額に対してかかる税金になります(残った財産には贈与税はかかりません)。
贈与税の場合には年間110万円まで税がかからないという基礎控除額がありますのが、相続税の場合には「3000万円+600万円×法定相続人の数」で計算した価額の基礎控除額があります。
従って、相続人が4人いらっしゃる場合には、5400万円の相続税の基礎控除額がありますので、お義父様の財産が5400万円以下であれば相続税の心配はなく、5400万円を超えた金額に対して相続税がかかることになります。

本投稿は、2018年05月16日 09時49分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 生前贈与の節税対策

    90歳近い父親からゆうちょ銀行預金を1,000万近く委任状にて貰いました。3年半後、私(長女)が定年退職したら、父名義の実家に戻り、跡を継ぎます。(先祖代々の墓...
    税理士回答数:  1
    2014年08月19日 投稿
  • 10年以上前の生前贈与に関して

    母に生前、雑種地を譲り受け、2019年より固定資産税は、支払いをしてまいりました。 しかし、相続は放棄し、弟が相続いたしました。現在の土地の評価額は、299万...
    税理士回答数:  1
    2017年10月11日 投稿
  • 相続税節税対策(親からの小遣いは110万円に含めるか?)

    将来、相続税がかかる見込みですので、財産の移行により、少しでも親の財産を減らしたいと考えています。そこで、年間110万円までは贈与税がかからないことを利用して相...
    税理士回答数:  2
    2016年10月09日 投稿
  • 相続税対策、及び生前贈与について

    交通事故の被害により4年間入院し、昨年他界した父の損害賠償金が来春頃には支払われる状況です。現在は双方の弁護士で交渉中。 遅延損害金、弁護士報酬も加害者側へ請...
    税理士回答数:  4
    2016年11月20日 投稿
  • 生前贈与

    兄は節税対策の為、生前贈与を母に勧めています。 贈与先は兄弟2人と兄の子2人で、分配比率は1/4と3/4になります。 この差額は後日相続時に贈与額に応じて相...
    税理士回答数:  1
    2015年10月05日 投稿
累計 相談数
13,620
直近30日 相談数
669
直近30日 税理士回答数
1,851

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら