相続税の計算 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続税の計算

相続税の計算

 独身の叔父(親/子供無/兄弟5名)が亡くなり、
動産/現金:2000万円 土地建物:不動産評価額2500万が
合計4500程度の財産が残りました。

結果として3.に落ち着いたのですが相続人に説明をする必要があり
計算に誤りがないか気になっています。
以上の計算で間違いないでしょうか?

また、1.の場合は兄弟には法的に遺留分はないと聞きましたが
確かでしょうか?


1.叔父が生前公正証書にて相続人以外の人に相続させた場合
 (推定財産4500万)ー(基礎控除額110万)=課税額:4390万
 4390万×(3000万超税率55%)=控除前課税額:2414.5万
 2414.5万-(3000万超控除額400万)=2014.5万円

  相続税:2014.5万円


2.叔父が生前養子縁組をしてその人間が相続した場合
 (推定財産4500万)ー(基礎控除額3000万+600万)=課税額:900万
 900万×(1000万以下の税率10%)=対象課税前:90万円
 90万-(1000万以下控除額0)=90万円

  相続税:90万円


3.兄弟5人で相続した場合
 (推定財産4500万)ー(基礎控除額3000万+600万×5人)=課税額:0
  相続税:無税

              宜しくお願いします。

税理士の回答

 1の場合の基礎控除は、3と同様6000万円となります。
 基礎控除は誰が相続ずするかは関係なく、相続する権利のある者、つまり法定相続人の数で計算します。
 なお、2の場合は養子縁組をした者のみ法定相続人となるため、記載のとおり基礎控除は3600万円です。
 また、相談者様の記載のとおり、兄弟には遺留分はありません。

本投稿は、2019年02月06日 15時16分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,356
直近30日 相談数
1,234
直近30日 税理士回答数
2,176