[相続税]相続内容が違っていた時 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続内容が違っていた時

相続内容が違っていた時

3年前に、主人の父の土地の一部を相続しました。
しかし、土地面積が、相続内容の2倍近くあることがわかりました。
今回、そこに家を建てようとしたことでわかり、建築の確認申請をするためには、きちんとした大きさで申請しなければいけない、と言われました。
もし、確認申請の際、改めて測量して正しい面積で申請した場合、固定資産税が増えるのはわかるのですが、相続税はどうなるのでしょうか?
あまりに相続税がかかるようなら、家の建築にも影響しますし、この場合、どのような事が考えられるか、教えていただければ幸です。
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

相続における土地の評価額は、課税時期における実際の面積に基づいて計算します。面積が異なると修正申告が必要になります。

早速の回答、ありがとうございます。
やはり、修正申告をする必要があるのですね。承知しました。

本投稿は、2019年04月23日 12時55分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,752
直近30日 相談数
1,092
直近30日 税理士回答数
2,156