相続税申告書第11表の記載方法について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続税申告書第11表の記載方法について

相続税申告書第11表の記載方法について

よろしくお願いします。
土地に関しての記載方法ですが、課税明細書を見ると1つの土地(居住用)に対し1つの家屋(居住用)しか建っておりませんが、所在・地番が3つに分かれております。
(3つともに現況地目等又は種類・構造は一緒です)
今回、小規模宅地等の特例を利用しようと考えておりますが、第11表の記載についてはそれぞれ分けて減額の割合の80%を記載するのでしょうか?または纏めて記載した方がいいのでしょうか?

税理士の回答

3筆の土地の上に居住用の建物があるという状況でしょうか?
想像での回答になってしまいますが、土地は利用の単位で評価しますので、3つとも纏めて記載します。

  評価の単位となっている利用単位ごとに記載します。したがって、小規模宅地の特例を適用する土地の利用単位が3筆からなっていれば3筆まとめて記載し、1筆の土地が2つの利用単位に分けれていれば2つに区分して記載します。
 

ご回答ありがとうございます。

本投稿は、2021年06月11日 11時01分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

相続税に関する相談一覧

分野

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
65,700
直近30日 相談数
1,454
直近30日 税理士回答数
2,462