相続税申告書第11表の書き方について・続 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続税申告書第11表の書き方について・続

相続税

 投稿

相続税申告書第11表の書き方について・続

先ほどの質問に追加です。

第11表に、不動産を記入する場合、所在場所とは、地番(家屋は家屋番号)を記入するのでしょうか、または住居表示でしょうか。
また、数量とは、土地の場合、登記面積ではなく課税面積でよかったでしょうか。

税理士の回答

不動産の「所在」は通常は住居表示の住所ではなく登記上の地番を記載します。
登記簿謄本や評価証明書の表示も全て登記上の地番となっていますので、これらを添付書類とすることを考えますと相続税の申告書の記載も地番に統一して記載することが望ましいと考えます。
宜しくお願いします。

本投稿は、2017年06月19日 16時58分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
12,844
直近30日 相談数
634
直近30日 税理士回答数
1,347

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング