【保存版】初めての給与明細書の作り方~全10手順まとめ(記入例・計算例付き)~ - 税理士ドットコムハウツー

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 【保存版】初めての給与明細書の作り方~全10手順まとめ(記入例・計算例付き)~

給与計算

【保存版】初めての給与明細書の作り方~全10手順まとめ(記入例・計算例付き)~

はじめに

会社の設立後、初めて従業員を雇った場合など、社長や未経験者が給与明細書を作らなければならないこともあるでしょう。給与明細書を作成するには、控除額などの様々な計算があるため、難しいものだと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、手順通りやれば、給与明細書の作成は決して難しくありません。給与明細書の作成方法について、記入例や計算例を交えてまとめました。この記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてください。

目次

給与明細書とは?記載が必要な項目は?

給与明細書とは、給与の内訳を記したものです。給与を支払う者は給与の支払を受ける者に給与明細書を交付しなくてはならないと、所得税法第231条によって定められています。所定のフォーマットは存在しません。インターネット上で自治体などが公開しているテンプレートを使用したり、Excelで自作したり、あるいは手書きでも問題はありません。

労働基準法第24条に関する行政通達によれば、基本給、手当その他賃金の種類ごと、またその金額、源泉徴収税、労働者が負担すべき社会保険料額等賃金から控除した金額がある場合には、その事項ごとにその金額、口座振込み等を行った金額を給与明細書に明記しなければなりません。

また、このとき法律上の通知義務はないものの給与計算上の根拠ともなる事から有給の取得日数なども記載するとよいでしょう。

給与明細書の作成に必要な3つの書類

給与明細書の作成のときに必要な書類は以下の3つです。「健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書」は、日本年金機構から毎月20日頃に送付されてきます。「住民税課税決定通知書」は市区町村に住民税の特別徴収の届出を行うと送付されてきます。

  • タイムカード
  • 健康保険・厚生年金保険被保険者標準報酬決定通知書
  • 住民税課税決定通知書

その他、「健康保険・厚生年金保険の保険額表」・「雇用保険率表」・「給与所得の源泉徴収税額表」も必要ですが、これらは関係省庁のホームページで閲覧・ダウンロードすることができます。以下の手順内のリンクを参照ください。

【記入例付き】給与明細書作成の10手順

それでは、実際に給与明細書を作成していきましょう。

Excelで作成した給与明細書の完成例は以下の通りです。このように自身で作成しても良いですが、インターネット上でダウンロードできる無料のテンプレートや、給与計算ソフトなどを使うのも良いでしょう。

給料明細書

給与明細書の作成手順は以下の通りです。それぞれの手順について、見ていきましょう。

給与明細書作成手順の流れ

STEP1.労働時間を集計する

タイムカードから総労働時間時間外労働時間を集計する

タイムカードを参照して従業員の1ヶ月分の総労働時間時間外労働時間を集計します。出張など普段とは違う行動を取った場合は摘要欄に記入しておきましょう。勤務日数の数え間違えを防ぐことができます。

STEP2.時間外手当を計算する

時間外手当を時間単価×割増率×時間外労働時間で算出する

時間外手当(残業代)は、上記の式で求めることができます。画像に記載した例で計算すると、基本給が250,000円、勤務時間が20日×8時間で160時間なので、時間単価は1,562.5円です。時間外労働の割増率は125%、今回の残業時間は10時間なので、1562.5×1.25×10=19531.25円が残業代です。円未満の部分に関しては50銭以上を切り上げるので、今回の残業代は19,531円となります。

STEP3.通勤手当を計算する

通勤手当を記入して課税対象かどうかを確認する

通勤手当の額を給与明細に記入します。次に、通勤手当が課税対象になるかどうかを確認しましょう。多くの場合は課税対象ではないと思います。

通勤手当が課税されるかどうかは通勤手段によって異なります。通勤手段はバス・電車など公共の交通機関の場合と、マイカーや自転車などの場合の2種類に分類することができます。

公共の交通手段の場合は1カ月あたり100,000円までが非課税になります。なお、最短距離で最も経済的である経路の通勤定期の額を支給する会社が多いようです。

マイカー通勤などの場合は、マイカーなどで通勤する場合の通勤手当の非課税額は以下の表の通りです。なお、往復通勤距離÷燃費×ガソリン単価×労働日数という式を用いて算出している会社が多いようです。

片道の通勤距離 1カ月あたりの非課税限度額
2km未満 全額課税
2km以上10km未満 4,200円
10km以上15km未満 7,100円
15km以上25km未満 12,900円
25km以上35km未満 18,700円
35km以上45km未満 24,400円
45km以上 28,000円
55km以上 31,600円

STEP4.総支給額を計算する

総支給額は基本給+時間外手当+通勤手当で算出する

上記の式を用いて総支給額を算出します。画像の例で計算すると、250,000円+19,531円+10,000円=279,531円が総支給額となります。

STEP5.社会保険料を計算する

それぞれの保険料率表を参照して各社会保険料を算出して記入する

以下の通り、それぞれの社会保険料の金額を算出します。算出した金額を控除(給料から差し引く)の該当欄に記入します。

健康保険料・厚生年金保険料を計算する

健康保険・厚生年金保険の保険料額表を参照して、標準報酬額を基に保険料を算出します。標準報酬額とは従業員(給与所得者)の4月・5月・6月の総支給額の平均です。今回は話の単純化のために、例に記載されている総支給額を基準に標準月額報酬とします。

保険料率表によると、総支給額が279,531円の場合の標準報酬額は280,000円です。表の折半額に記載されている金額が給与所得者の負担となるので、健康保険料は13,958円、厚生年金保険料は24,959円となります。

雇用保険料を計算する

以下の厚生労働省のホームページを参照して算出します。通常労働者の料率は5/1000です。総支給額に5/1000を掛け合わせて求めます。上の例では、279,531円×5/1000=1,397.655円、先程と同様に円未満の部分は50銭以上を切り上げるので、雇用保険料は1,398円となります。

STEP6.課税対象額を計算する

課税対象額は総支給額-通勤手当-社会保険料の合計で算出する

課税対象額は総支給額から通勤手当社会保険料の合計を差し引いたものです。上の例では、279,531円-10,000円-40,315円=229,216円となります。

STEP7.源泉所得税を計算する

源泉徴収税額表を参照して算出する

支給額から保険料を控除した金額を、以下の源泉徴収税額表に当てはめて計算します。源泉徴収税額表で用いる報酬額は、総支給額から社会保険料を差し引いたものになります。

上の例では、279,531円-40,315円=239,216円が報酬額となります。源泉徴収税額表によると、この場合は239,000円以上242,000円未満の分類に該当します。所得税額は6,210円となります。

STEP8.住民税を記入する

住民税課税決定通知書を参照して住民税額を記入する

市区町村から送られてきた「住民税課税決定通知書」を参照して住民税額を記入します。手元にない、または届出をしていない場合は、市区町村で手続きを行いましょう。

給与所得者(サラリーマン)の住民税は原則として特別徴収という方法で徴収されます。特別徴収とは、住民税額を給与から天引きし、それを会社が各従業員の市区町村に納税することを指します。この特別徴収を行うためには、市区町村に届出を行います。そうすると、市区町村から住民税の総額と各月の金額を記載した「住民税課税決定通知書」が送られてきます。

STEP9.控除額を記入する

控除額は社会保険料の合計+所得税+住民税+生命保険料等で算出する

社会保険合計・所得税・住民税・生命保険料等を足し合わせたものが控除額となります。上の例では、40,315円+6,210円+10,000円+10,000円=66,525円が控除額となります。

STEP10.差引支給額を記入する

差引支給額は総支給額-控除額で算出する

最後に給与所得者の手元に渡る差引支給額の計算をします。差引支給額は、総支給額から控除額を差し引いたものです。上の例では279,531円-66,525円=213,006円が差し引き支給額となります。

おわりに

複雑に感じる給与計算も実はシンプルだということがお分かりいただけたかと思います。この記事が皆様の給与明細書作成の助けとなれば幸いです。

→税理士をお探しの方はこちら

給与計算の他のハウツーを見る

給与計算に寄せられた税務相談を見る

給料のお支払い時期について

お世話になっております。 給料のお支払い時期についてお聞きしたいことがあります。 こちらの場合、三人一緒で株式会社を作りました。(全員株主です) ...

税理士回答数 :  2 2017年01月07日 投稿

タイムカード

最近使用しているタイムカードが壊れてしまいました。 従業員を管理するのも含めて、オススメのタイムカードはございますか?

税理士回答数 :  1 2017年01月04日 投稿

未払い賃金請求について

私の旦那さんの会社がとてもブラックです。辞める時に、未払い残業代や、明らかに法定労働時間を無視した勤務状況などなど、絶対に訴えたいのですが、それまでに揃えておく...

税理士回答数 :  1 2016年12月13日 投稿

外注費について。

今度、新たに外部の人間と契約予定です。 その際に、その人は弊社だけではなく自分で個人事業主として自分の会社を作り、契約として弊社の仕事をする可能性がありま...

税理士回答数 :  1 2016年08月17日 投稿

青色専従者の一人暮らしについて

わたしは青色専従者ですが、一人暮らしを始めようと思ってます。 そこで、不動産の方に国保の場合給与明細を用意してくださいと言われましたが、わたしは給与明細を...

税理士回答数 :  2 2016年07月08日 投稿

自分に合う税理士がわからない!

そんな方は無料紹介サービスへ!
税理士選び〜契約までをサポート

通話料無料 0120537024

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 秘密厳守

お問い合わせする

税理士ドットコム ハウツー

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

公式アカウント

その日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。

ライター募集中!

税理士ドットコムは
ライターを募集しています。

募集要項を見る

「税理士ドットコム」を騙る業者にご注意ください!

みんなの税務相談