中古部品の貯蔵品計上について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 中古部品の貯蔵品計上について

中古部品の貯蔵品計上について

工場ですでに費用処理した設備の消耗部品などについて、新しいものと交換したもののまだ使えることから、残しておいた場合、貯蔵品として資産計上する必要があるでしょうか。

税理士の回答

消耗部品でまだ使用可能のものであれば、貯蔵品として計上することになると思います。

未使用品ではなく、既に使用済みの中古品であってもでしょうか。
また、貯蔵品計上する場合、適正な価格はどのようにして、求めるべきでしょうか。

すでに使用済の中古品の場合、金額的に重要であれば貯蔵品に計上し、そうでなければ計上しなくても良いと思います。計上する場合は、購入価額に対しての価値(%)を定めて計上することになると思います。

すでに使用済の中古品の場合、金額的に重要であれば貯蔵品に計上とのことですが、重要性はどのような判断すればよろしいでしょうか。

合計金額が100万円を超えるような場合は、重要性があると考えられると思います。

中古品の状況により、判断したいと思います。
ありがとうございました。

本投稿は、2021年09月14日 22時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

計上に関する相談一覧

分野

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
70,492
直近30日 相談数
1,325
直近30日 税理士回答数
2,246