税理士ドットコム - [勘定科目]私用・事業用の口座を分けていない場合の帳簿の付け方 - こんにちは。できれば銀行口座・クレジットカード...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 私用・事業用の口座を分けていない場合の帳簿の付け方

勘定科目

 投稿

私用・事業用の口座を分けていない場合の帳簿の付け方

年途中に会社を辞め、1ヶ月ほどの準備期間を経て業務委託で個人事業主となった場合、
①開始残高は退職した次の日時点なのか、業務委託契約を結んだ日時点なのか

②職業柄口座間で経費をやり取りしないので私用・事業用と分けなかったのですが、クレジットカード引き落としの中に交通費が含まれていたり、事業主貸として引き出した現金の中から消耗品を購入したりした場合、帳簿はどのように付けたら良いのでしょうか
(会計ソフトを使っているのですが、入力の仕方に迷っています)

税理士の回答

こんにちは。
できれば銀行口座・クレジットカードは事業用とプライベート用を分けられることをお勧めします。口座もカードも普通の個人用のもので構いません。
開始残高ですが、①開業日(税務署へ提出した開業届けに記載の日)の残高、②退職した時点の残高、③業務委託契約を締結した日の残高のいずれでもいいと思います。
さらに、現在は資金管理が公私分かれていない状況ですので、①単純に銀行残高を預金勘定の残高とする、②預金勘定を使わず、すべて事業主勘定で処理する、のいずれでもいいかと思います。
記帳については、収益・費用は少なくともきっちりしておく必要がありますので、すべて事業主勘定で記帳するとすれば、
(消耗品購入時)
消耗品費xxx/事業主借xxx
(スイカで電車に乗った)
交通費xxx/事業主借xxx
(カードで10万円以上の備品を買った)
備品xxx/事業主借xxx
減価償却費xxx/備品xxx
(生活費としていくらか使った)
仕訳なし
ということになると思います。
なお、銀行融資の観点からは、預金口座を分け、事業資金を決めた上で、そこで入出金管理を行うことで印象はよくなると思います。
以上、ご参考になれば幸いです。

①業務委託契約日でよいと思います。
②開始時 預金/事業主借
現金引出  現金/預金
経費支払時 消耗品費/預金または現金
生活費   事業主貸/預金または現金

ご返答ありがとうございます。
分からないことが出てきてしまったので、再度質問させてください。

①委託料振込やクレジットカード引き落としに使っている口座と、プライベートの預貯金用の口座があるのですが、開始残高はどちらの口座の残高も入力するべきでしょうか。

②事業主勘定とする場合、振り込まれた委託料を一旦全額事業主貸として、経費が生じた時のみ事業主借で仕訳したら良いのでしょうか。

①プライベートは、不要と思います。載せても、変なことをしていないことの証明になると思います。
②そのとおりと思いますが、預金/売上がよいと思います。。

お忙しい中ご返答ありがとうございました。

本投稿は、2018年06月18日 13時41分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
20,658
直近30日 相談数
1,102
直近30日 税理士回答数
1,843