税理士ドットコム - [勘定科目]職人として働く代表取締役の報酬を給料手当として計上していいか - 役員報酬は、通常は製造原価を構成しませんが、実...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 職人として働く代表取締役の報酬を給料手当として計上していいか

勘定科目

 投稿

職人として働く代表取締役の報酬を給料手当として計上していいか

代表取締役は、普段、職人として働いておりその対価として報酬を得ています。
原価計算をするのに、役員報酬を製造原価計算書に集計できず困っております。
製造原価の給料手当として計上して差し支えないでしょうか?

税理士の回答

役員報酬は、通常は製造原価を構成しませんが、実際に代表取締役でも製造原価を構成する労働力として仕事をしている場合はあります。
製造原価に役員報酬勘定を設けて、販管費と製造原価に按分されても良いと考えます。

山中先生、ありがとうございました。

本投稿は、2018年10月17日 02時09分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
18,605
直近30日 相談数
979
直近30日 税理士回答数
1,568