税理士ドットコム - [勘定科目]切手の交換時の仕訳方法について - 収支計算(損益計算書)は、総額主義が原則ですから...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 切手の交換時の仕訳方法について

勘定科目

 投稿

切手の交換時の仕訳方法について

宜しくお願いします。
金券類の売買をしています。

お客様から買い取った切手を
郵便局にて切手交換をした時の仕訳ですが
交換手数料のみ仕訳をすればよいのでしょうか?
手数料は買い取った切手を使用しますので
通信費/仕入れ
であっているでしょうか?

それとも等価交換になり
売上、仕入れを仕訳しないといけないでしょうか?

税理士の回答

収支計算(損益計算書)は、総額主義が原則ですから、両建てする事になります。
しかし、僅少な金額、取引量であれば、純額(相殺)で経理されても、良いと考えます。

本投稿は、2018年12月14日 21時43分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

勘定科目のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,761
直近30日 相談数
1,561
直近30日 税理士回答数
2,340