税理士ドットコム - [勘定科目]複式簿記での郵便送料の仕訳について教えてください - 切手やレターパックは継続的に使用するものですし...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 複式簿記での郵便送料の仕訳について教えてください

複式簿記での郵便送料の仕訳について教えてください

青色申告の複式簿記に関する質問です。

1月1日 売上のあった商品を発送するために郵便局で定形外120円で発送し、
     同時に切手を120円・レターパックプラス510円を買いました。
この切手とレターパックプラス510円はこの1月1日に使用せずストックしました。

1月3日にまた売り上げがあり商品を上記の切手120円を使って発送しました。

1月5日に売り上げがあり商品を発送するため上記のレターパックプラス510円にて発送しました。

この場合、ストックした切手120円とレターパックプラスはどう仕訳をすれば宜しいでしょうか?

税理士の回答

切手やレターパックは継続的に使用するものですし、同一年(同一年度)で購入使用されている場合には、購入時に「通信費」として処理して問題ありません。
・通信費 *** / 現金 ***

そして、年末(期末)に切手やレターパックが残っていた場合には次の仕訳処理を行います。
・貯蔵品 *** / 通信費 ***

ご教授ありがとうございました。

本投稿は、2019年01月09日 17時07分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

勘定科目に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,326
直近30日 相談数
1,135
直近30日 税理士回答数
2,229