税理士ドットコム - [勘定科目]事業資産の買換え特例を使用して取得した土地、建物の仕訳方法について - 減価償却後の土地建物を4480万かつ郊外から集中地...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 事業資産の買換え特例を使用して取得した土地、建物の仕訳方法について

事業資産の買換え特例を使用して取得した土地、建物の仕訳方法について

個人事業主です。事業資産の買換え特例を使用して取得した土地、建物の仕訳方法について教えて下さい。
国税庁HPのNo.3426の例(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3426.htm)を参考にした場合、
売却額:5,000万円
譲渡費用:100万円
譲渡資産の取得費:3,000万円(土地及び減価償却後の建物価格の合計)
買換資産の購入額:6,000万円(土地4,200万円、建物1,800万円)
(途中の計算式はHPを参照の為、省略)
将来、買換資産を売却した場合の取得価額は、実際の購入額ではなく、上で計算したように、土地については3,136万円、建物については1,344万円から減価償却費を控除した価額となります。と記載されています。
そうなると、この場合に買換えた資産の仕訳は、
(借)土地 3,136/(貸)現金 6,000
(借)建物 1,344/
(借)?? 1,520/
残りの1,520万の勘定科目は何になるのでしょうか?
また、これは、不動産の青色申告決算書の貸借対象表のどの科目になるのでしょうか?

税理士の回答

減価償却後の土地建物を4480万かつ郊外から集中地域への移転以外として計算すると、譲渡所得=(5000-4480-100)×0.2=84万、新取得価額=6000-(5000-4480-100)×0.8=5664万となり、新土地建物5664/旧土地建物4480、現金1100、譲渡益84となります。実際には土地と建物それぞれに売価と取得価額があると思いますので、分けて計算します。

ありがとうございます。
モヤモヤしていたのがクリアになりました。

本投稿は、2020年03月26日 14時11分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 事業用資産買換え特例(9号)について

    買換え特例の9号要件を使って買換えを考えています。 買換える土地面積が300㎡以上の条件があることは理解していますが、買換え資産がワンルームマンション1部屋の...
    税理士回答数:  1
    2018年04月17日 投稿
  • 事業用資産買換え特例について

    事業用資産買換え特例の1号適用で、譲渡資産として事務所の土地建物が除外されていますが、店舗は大丈夫という理解でよろしいでしょうか? お手数ですがご教授の程よろ...
    税理士回答数:  3
    2018年04月17日 投稿
  • 借地権 No.5731 借地権の取得価額

    https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5731.htm 国税庁HPに記載されている、...
    税理士回答数:  1
    2020年01月08日 投稿
  • 事業用資産の買換えについて

    既存の土地付きアパート(所有期間5年超10年以下)を売却して、 新たにアパートを建築する予定です。 所有期間10年以下でも事業用資産の買換えの特例を適用する...
    税理士回答数:  1
    2018年09月24日 投稿
  • 買換特例について

    買換え特例についてですが、物件売却後の翌年中に買換え資産を購入する必要があるとの事ですが、流れとしては売却時に譲渡課税分を支払い、翌年度に実際に買換えを行った後...
    税理士回答数:  2
    2018年04月17日 投稿

勘定科目に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,428
直近30日 相談数
1,862
直近30日 税理士回答数
3,456