秋の税務カレンダー!10月11月に行う税務業務のまとめ - 税理士ドットコムハウツー

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 秋の税務カレンダー!10月11月に行う税務業務のまとめ

秋の税務カレンダー!10月11月に行う税務業務のまとめ

はじめに

税金の納付や各申請書類の提出などは、必ず期限が設けられています。

このページでは、事業者の方や担当者の方向けに、10月と11月中に行う税務の期限や内容についてまとめています。対応漏れや事前の準備に役立てば幸いです。

目次

10月の納税カレンダー

「9月源泉徴収分の納付期限」10月10日

 従業員から源泉徴収した所得税・住民税は、翌月10日までに税務署へ納付します。

 9月給与から源泉徴収した所得税・住民税は10月10日までに納付しましょう。所得税徴収高計算書(納付書)は税務署から、住民税の納入書は市区町村から送付されます。

納付期限の特例

 給与を支払う従業員が常時10人未満の事業者(源泉徴収義務者)は、納付を6か月ごとの年2回にできる納期の特例を適用することができます。

 この特例を利用するには、税務署へ「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」、市区町村へ「特別徴収税額の納期の特例に関する申請書」をそれぞれ提出することが必要です。特例適用後の、所得税と住民税の納付期限は次のとおりです。

  原則期間 特例期間
所得税
復興特別所得税
給与支払月の翌月1日まで 1月~6月分は7月10日まで
7月~12月分は1月20日まで
住民税 5月~11月分は12月10日まで
12月~5月分は6月10日まで

「特別農業所得者への予定納税基準額等の通知」10月15日

 特別農業所得者に該当する方は、税務署長から、予定納税基準額及び第2期において納付すべき予定納税額が書面により、その年の10月15日までに通知されます。

 予定納税額については、その年の9月15日の現況により、その予定納税基準額を計算されます。

 国税庁HPによると、特別農業所得者の定義については、次のように記されています。

その年において、農業所得(米、麦、たばこ、果実、野菜若しくは花の生産若しくは栽培又は養蚕等に係る事業から生ずる所得をいいます。)の金額が総所得金額の10分の7に相当する金額を超え、かつ、その年の9月1日以後に生ずる農業所得の金額がその年中の農業所得の金額の10分の7を超える方をいいます。

「8月決算法人の確定申告期限」10月末

 8月が決算月の法人は、10月末までに「法人税・法人事業税・法人住民税・消費税・地方消費税」の決算申告をしなければなりません。

「課税期間短縮に係る消費税の確定申告期限」10月末

 消費税の課税期間は、個人事業者については1月1日から12月31日までの1年間で、法人については事業年度ごととされています。

 ただし、特例として、「消費税課税期間特例選択・変更届出書」を、原則としてその適用を受けようとする短縮に係る各期間の開始の日の前日までに、税務署長に提出することにより、課税期間を次のとおり3か月ごと又は1か月ごとに短縮することができます。

区分 個人事業者 法人
3か月ごと 1月から3月分 → 5月31日まで
4月から6月分 → 8月31日まで
7月から9月分 → 11月30日まで
10月から12月分→翌年の3月31日まで
事業開始日から3か月ごとに区分した各期間 → 期間末日の翌日から2か月以内
1か月ごと 1月1日から1か月ごとに区分した各期間のうち1月から11月分→ 期間末日の翌日から2か月以内
12月分→翌年の3月31日まで
事業開始日から1か月ごとに区分した各期間 → 期間末日の翌日から1か月以内

 1か月ごとを選択した事業者と3か月ごとを選択した、2月、5月、8月、11月決算法人は10月中に消費税の確定申告をすることになります。

「法人税・消費税の中間申告期限」10月末

 中間申告とは、前年の納税額に応じて年度の途中に、その期間までの「法人税・法人住民税・法人事業税・消費税・地方消費税」の申告と納付を行うというものです。

法人税等の中間申告

 事業年度開始後6か月を経過した日から2か月以内が、法人税等の中間申告の提出期限となります。2月決算法人であれば、10月が提出・納付期限です。

 ただし、創業1年目や、前年度の法人税額が20万円以下の法人であれば、中間申告の必要はありません。また、中間申告をしなくても、予定納税額の納付をすれば予定納税額による申告をしたものとみなされます。

 なお、中間申告は必須ではなく、もし中間申告をしなかった場合は、前年度実績による額で申告があったものとみなし(みなし申告)、前年度の納付額の半分を納付することになります。

消費税等の中間申告

 消費税の中間申告期限や回数は、前年度の消費税額によって異なります。

 原則として、前年度の消費税額が48万円以下(地方消費税額は含みません)の事業者であれば、中間申告の必要はありません。また、課税期間の特例制度の適用事業者も同様です。

 10月が中間申告の期限となる事業者の要件は次のとおりです。

  • 前年度の消費税額が48万円超400万円以下の2月決算法人の年1回の中間申告
  • 前年度の消費税額が400万円超4,800万円以下の2月、5月、11月決算法人の3か月ごとの中間申告
  • 前年度の消費額が4,800万円超の7月、8月を除く決算法人と個人事業者の1か月ごとの中間申告

「個人住民税の納付(第3期分)」10月中

 住民税とは自治体の行政サービスなどに使うための費用を、その個人の担税力に応じて分担するための税金です。

 会社員などの給与所得者は、会社から支払われる給与から天引きという形で納付します。一方で、個人事業者の方は、自ら納付する必要があります。

一般的には、6月上旬~中旬頃に税務署から住民税の通知が送付されます。分割納付の場合は、6月・8月・10月・1月の年4回に分けて納付しますので、10月は第3期分の個人住民税の納付期限ということです。

11月の納税カレンダー

「10月源泉徴収税分の納付期限」11月10日

 10月給与から源泉徴収した所得税・住民税は11月10日までに納付しましょう。

「所得税の予定納税額の減額申請」11月15日

 10月31日の時点で、次のような理由によって、納税額の見積もりが予定納税額より少なくなる場合は「予定納税額の減額申請手続」というものを行うことができます。

  • 廃業、休業、失業をした
  • 業況不振により前年分所得より少なくなる見込み
  • 災害、盗難、横領により損害を受けた(雑損控除)
  • 医療費控除、配偶者控除、住宅ローン控除などの各種控除額が前年より増加した

予定納税額の減額申請は、税務署へ「所得税及び復興特別所得税の予定納税額の7月(11月)減額申請書(pdf)」を提出することが必要です。

 予定納税額の減額申請手続は次の期間に年2回行うことができます。

申請する予定納税 納税額を見積もる基準日 提出期限
第1期と第2期 6月30日 7月1日~7月15日
第2期分 10月31日 11月1日~11月15日

 1期分と2期分の両方の減額申請を行う際は、7月1日から7月15日までに。2期分のみの減額申請及び特別農業所得者の減額申請については11月1日から11月15日までに手続きを行います。

「所得税の予定納税額の第2期分納付期限」11月末

 その年の5月15日時点において、確定している前年度分の所得金額や税額など(予定納税基準額)が15万円以上である場合、その年の所得税の一部を予め納付(前払い)するという制度があり、これを「所得税の予定納税」といいます。

 対象者は6月15日までに、税務署長から「予定納税額のご案内」というものが届きます。連絡が来たら、所得税の予定納税基準額の3分の1ずつ、7月中(第1期)と11月中(第2期)に納付しなければなりません。

「特別農業所得者の所得税の予定納税額の納付」11月末

 特別農業所得者に該当する方は、10月15日までに税務署長から「予定納税額のご案内」が届きます。

 連絡が来たら、所得税の予定納税基準額の2分の1を11月中に納付しなければなりません。

「9月決算法人の確定申告期限」11月末

 9月が決算月の法人は、11月末までに「法人税・法人事業税・法人住民税・消費税・地方消費税」の決算申告をしなければなりません。

「課税期間短縮に係る消費税の確定申告期限」11月末

 1か月ごとを選択した事業者と、消費税の課税期間を3か月ごとに短縮した個人事業者と、3か月ごとを選択した3月、6月、9月、12月決算法人は11月中に消費税の確定申告をすることになります。

区分 個人事業者 法人
3か月ごと 1月から3月分 → 5月31日まで
4月から6月分 → 8月31日まで
7月から9月分 → 11月30日まで
10月から12月分→翌年の3月31日まで
事業開始日から3か月ごとに区分した各期間 → 期間末日の翌日から2か月以内
1か月ごと 1月1日から1か月ごとに区分した各期間のうち1月から11月分→ 期間末日の翌日から2か月以内
12月分→翌年の3月31日まで
事業開始日から1か月ごとに区分した各期間 → 期間末日の翌日から1か月以内

「法人税・消費税の中間申告期限」11月末

 法人税等は、3月決算法人であれば、11月が提出・納付期限です。

 消費税等が、11月に中間申告の期限となる事業者の要件は次のとおりです。

  • 前年度の消費税額が48万円超400万円以下の3月決算法人の年1回の中間申告
  • 前年度の消費税額が400万円超4,800万円以下の3月、6月、12月決算法人の3か月ごとの中間申告
  • 前年度の消費額が4,800万円超の8月、9月を除く決算法人と個人事業者の1か月ごとの中間申告

「個人事業税の納付期限(第2期分)」11月中

 個人事業税とは、個人が営む事業に対して課税されるものです。

 個人事業税の納付は、原則として、8月と11月の年2回で、8月に税務署から納税通知書が送付されます。納税通知書には第1期分と第2期分が添付されているので、記載されている納期までに、税金を納付します。

「税を考える週間」11月11日~11月17日

 税務ではありませんが、毎年11月11日~11月17日は「税を考える週間」という、国税庁が定めた広報・広聴週間です。

 期間中には、全国各地でさまざまな税に関するイベントが行われ、税の仕組みや目的等を考え、税に対する理解を一層深めてもらうとともに、納税意識を高めることを目的としています。

 歴代のイメージキャラクターには、仲間由紀恵さん、松下奈緒さん、上戸彩さんなどが起用されています。

おわりに

提出期限や申告期限に該当する日が、土・日・祝日に当たると、期限は翌日になりますので、日付だけでなく曜日の意識も必要です。

個人・法人関わらず、事業者であれば毎月様々な税務が発生します。申告を忘れてしまうと、延滞税などのペナルティが課される場合もありますので、忘れないようにしましょう。

また、税務だけではなく、税務に関するイベント等についても把握しておいても面白いでしょう。

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

経理・決算に関する税務相談Q&Aをみる

貸し金の担保としている株式の名義変更

2014年06月16日 投稿 同族会社の非上場株です 同じ様に保有している株主の間で貸し金の担保として 株式質権設定契約書を交わし株券をあずかっております 期限は過ぎてますが話し合いがまとま...

税理士回答数 :  1

顧問税理士の相場について

2014年11月09日 投稿 フリーランスでWeb制作などを請け負い、個人事業主をしている者です。 これまで確定申告は自分でやってきましたが、会計ソフトへの入力なども手間がかかるので、...

税理士回答数 :  1

企業の会計処理に関する一般論について

2015年02月10日 投稿 まとめて質問をしたら回答が得られなかったので、別々に分けて質問をします。 私は、日商簿記1級と簿記論、財務諸表論に合格しています。 税法の知識は乏しいです。...

税理士回答数 :  1

企業の経理に関する一般論について

2015年02月11日 投稿 まとめて質問をしたら回答が得られなかったので、別々に分けて質問をします。 私は、日商簿記1級と簿記論、財務諸表論に合格しています。 税法の知識は乏しいです。...

税理士回答数 :  1

「領収書」と印字されている宛名無しのレシートは領収書として有効でしょうか?

2015年02月15日 投稿 合同会社を設立したばかりの者です。 「領収書」と印字されているレシートがあります。 レシートなので宛名は次のように会社名にはなっていません。 A) ...

税理士回答数 :  1

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応