利益と所得金額(会計と税務の違い) - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 経理・決算のハウツー
  4. 利益と所得金額(会計と税務の違い)

利益と所得金額(会計と税務の違い)

経理・財務等に関心のある人でなければ意識することはあまりないかもしれませんが、会計税務は、稼ぎ出した儲けの考え方に共通点があるものの、両者には、目的の差による違いがあります。

この違いを理解することは、経営者の方にとって大変重要です。このページでは、会計と税務の違いについてご説明いたします。

目次

会計の考え方

会計上の儲け(利益)は、企業会計原則などの一般に公正妥当と認められる会計処理の基準に従って計算されます。企業会計上の計算は、株主に対して経営成績や財政状態を報告し、剰余金(儲けの蓄積)の分配額を算定することを目的としています。

そして会計上の儲けは以下の式により算定されます。

会計上の儲け(利益)=収益-費用(および損失)

税務の考え方

税金は、一定期間の事業活動の結果である儲けに対して課されます。この儲けを所得金額と言い、この所得金額を課税標準(税金計算の基礎、対象となるもの)として税率を乗じて各事業年度の税金額を計算します。税務における儲けの算定は、税務上の儲けを正しく計算することにより適正に課税することを目的としています。

そして税務上の儲けは以下の式により算定されます。

税務上の儲け(所得金額)=益金-損金

利益と所得金額の関係

上記2つの式を見比べると、言葉は違いますが式は同じです。ともに、稼ぎ全体から稼ぎに要したコストを控除して計算しています。

ところが、税務上の儲け(所得金額)の計算は、課税の公平、適正な税負担の調整、産業政策上の配慮等によりさまざまな規定が定められており、収益と益金、費用と損金は共通する点もあるものの、異なっている点もあるため、それぞれの関係は以下のように考えられます。

収益≒益金

費用≒損金

例えば、儲けに対して税率を乗じて税金が計算されるのであれば、交際費や従業員の福利厚生にお金を費やすことにより儲けを少なくし、税金を低くしようと考える経営者の方もいるかもしれません。

しかし、会計上は費やしたお金は全て費用として認識されますが、税務上は課税の公平の観点等から損金とは認められない場合があります。この取扱いの違いが会計と税務の差のひとつです。
そして損金として取り扱えるかどうか(いわゆる、経費で落ちるか否か)によって税金額が変わるので、税務上の取扱いを知ることは重要なのです。

税法の課税標準である各事業年度の所得の金額は、会計によって計算された利益を基礎として、これに税務特有の調整(会計と税務の差)を加えて計算する仕組みとなっています。調整は4種類あり、主な項目は以下のとおりです。

(1)益金算入項目

会計上は収益に該当しないが、税務上は益金とされて、課税対象とされる項目

  • 圧縮積立金取崩額

(2) 益金不算入項目

会計上は収益に該当するが、税務上は益金としない項目

  • 還付法人税等
  • 受取配当金の一部

(3) 損金算入項目

会計上は費用に該当しないが、税務上は損金とされる項目

  • 圧縮積立金積立額

(4) 損金不算入項目

会計上は費用に該当するが、税務上は損金とされない項目

  • 交際費、寄付金の限度超過額
  • 法人税等
  • 資産の評価損

これらの調整は法人税においては確定申告書の別表四を使って行いますが、この調整を申告調整といいます。

領収書を入手すればそれが全て損金となるわけではありません。会計の観点から儲けを捉えることは、経営実態を把握する上で重要ですが、その金額に応じて税金を支払えばよいと考えていると、決算の際に想定以上の税金支出が発生し、資金繰り等に重大な影響を及ぼす可能性があります。

一方で、税務の観点のみから儲けを捉えていては、経営実態が正確に把握できません。したがって両方の観点をもって会社経営を行っていくことが重要となります。

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

経理・決算に関する税務相談Q&Aをみる

  • 在宅ワーク

    現在 専業主婦で メールレディをしています。 メールレディではありますが ほぼビデオ通話で 自分を映す形でしているのですが この場合 どのような経費が計上できる...
    税理士回答数:  3
    2018年10月15日 投稿
  • 在宅ワーク

    現在 専業主婦で 在宅でメールレディをしています。 メールだけでなく 音声通話やビデオ通話も行っているのですが 洋服代や化粧品代 美容院代は経費で 落とせるので...
    税理士回答数:  4
    2018年10月15日 投稿
  • キャラクターによる利益の分配に関する質問

    オリジナルキャラクターをデザインし、LINEスタンプやグッズ化などで収益を上げようと計画しています。キャラクターのすべてのデザインやスタンプの作成は私が行い、も...
    税理士回答数:  1
    2018年10月15日 投稿
  • 死去に伴い廃業する事業を、継承することについて

    他界した父が営んでいた個人商店(白色申告)の店舗を撤去します。 この際、私が事業継承をして撤去をすれば、店舗の取り壊し費用は事業所得の必要経費になるとのことなの...
    税理士回答数:  1
    2018年10月14日 投稿
  • ハンドメイドアクセの着用モデルへの報酬について。

    お世話になります。 様々なところで検索などしましたが、分からなかったので質問いたします。 当方は、オリジナルグッズをネットショップで扱っている者です。 ハンド...
    税理士回答数:  1
    2018年10月14日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応