税理士ドットコム - [経理・決算]法人解散、会社精算する場合の手続き - 決算日と同じ日を解散日とすれば、解散事業年度の...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 法人解散、会社精算する場合の手続き

法人解散、会社精算する場合の手続き

法人を精算する場合に、やめるタイミングはいつがよいのでしょうか。
決算は5月決算ですが、やはり5月末で閉じた方が良いのでしょうか。
現在、赤字繰越があります。それを使い切るタイミングで法人を閉じたほうが良いのでしょうか。
宜しくお願い致します。

税理士の回答

決算日と同じ日を解散日とすれば、解散事業年度の決算・申告を一度に出来ますので1回分の手間は少なくて済みます。(清算申告は必要ですが)
繰越欠損金があっても住民税均等割は掛かりますので、事業を継続できる見込みがなく解散・清算が出来るのであれば、早めにした方が出費は少なくて済むと思います。

お返事ありがとうございます。
非常に助かりました。ありがとうございます。

本投稿は、2020年10月17日 15時30分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

経理・決算に関する相談一覧

分野

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
52,372
直近30日 相談数
1,535
直近30日 税理士回答数
2,660