勤労学生の住民税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 住民税
  4. 勤労学生の住民税について

勤労学生の住民税について

夜間の専門学校に通う者です
勤労学生の制度があるのを知り調べてみたのですがいまいちよくわかりません…
『年収130万以下』というのは
基本給+各種手当+非課税交通費などを含めた"総支給"を130万の中に入れて計算するのか

総支給-社会保険料,厚生年金,非課税交通費
の額を130万の中に入れて計算するのか

また、別の金額を130万の中に入れ計算するのか…

明細のどの部分の金額で計算したらいいのか分からないので、申し訳ないのですが教えていただけませんか。

税理士の回答

給与明細が課税分と非課税分に分かれておれば、そのうち課税分の合計が130万円以下であることが要件です。
つまり、基本給、各種手当が課税分で、通勤手当(非課税交通費)は非課税分です。
また、給与から控除される税金や、社会保険料、厚生年金保険料は加味しません。あくまで、課税分収入だけで判定します。
なお、源泉徴収票では給与収入で判定します。

ありがとうございます。
色々調べてみたら
126万という数字が出てくる記事もいくつかあったんですが
勤労学生制度を使うなら課税分こ所得を126に抑えないといけないのでしょうか?
度々申し訳ありません…。

勤労学生控除を受けるためには合計所得が65万円以下でなければなりません。
収入換算すると年収130万円以下となります。

その所得65万というのはなんの数字でしょうか…?

勤労学生控除を受けることができる所得要件です。この所得を超える人は勤労学生控除を受けることができません。
このページを参照してください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1175.htm

本投稿は、2020年04月10日 17時27分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

住民税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,844
直近30日 相談数
1,849
直近30日 税理士回答数
3,715