副業分の住民税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 住民税
  4. 副業分の住民税について

副業分の住民税について

副業分の給料を給与所得としてもらっている場合でも住民税の普通徴収にする事は可能なのでしょうか?住んでいる自治体の担当者は可能であるとは言っているのですが。

税理士の回答

副業の所得が給与所得の場合、通常は副業の住民税の納付を普通徴収にすることはできません。しかし、市区町村によっては副業の所得が給与所得であっても住民税の納付を普通徴収に選択できるところもあるようです。自治体の担当者が可能だといっていれば普通徴収にできると思います。

本投稿は、2022年08月06日 12時51分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

住民税に関する相談一覧

分野

住民税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
87,303
直近30日 相談数
1,207
直近30日 税理士回答数
2,081