税理士ドットコム - [所得税]老後の世話をしている人からの「手間賃」は所得になるのか - 任意後見人として親族の方のお世話をし、その対価...
  1. 老後の世話をしている人からの「手間賃」は所得になるのか

所得税

 投稿

老後の世話をしている人からの「手間賃」は所得になるのか

高齢の親族からお金を預かって、管理しております。
本人からは「任意後見人依頼書:金銭の管理を依頼する 実印」という手紙を預かっています。

比較的元気なうちから、通院の付き添いや遠隔地にある土地の維持管理などを行ってきました。本人が金銭管理をしていたころは、なにか手伝い(付き添い、病院の送迎)のたびに「手間賃」だと、1〜2万円のお金を頂いてきました。

その後、継続的にお世話を続けることになった頃に「預けているお金のなかから手間賃をとってほしい」と言われ、毎月3万円をいただいております。ただし、覚書などは交わしていない、口約束です。

その後本人が認知症になりましたが、継続して頂いております。ガソリンなどの実費経費などはもらっていません。
いつ、何を何時間くらいしたか、というのは記録に残しています。

この場合、この36万円は「所得」として、税務上なんらかの問題が発生することになるでしょうか? 

税理士の回答

任意後見人として親族の方のお世話をし、その対価として継続的に受け取るものであれば、雑所得として所得税等の課税対象になると思われます。
雑所得の金額は、収入金額から、その収入を得るために要した経費を差し引いて計算します。
相談者様が他にも収入がある場合には合算して確定申告を行う必要がありますのでご留意ください。
以上、宜しくお願いします。

本投稿は、2017年09月10日 22時13分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

成年被後見人が相続人である場合の障害者控除の適用を、更生期限後の相続税に適用できるか

被相続人:父 相続人:母(成年被後見人)、兄、私 相続開始日:平成23年1月31日 相続税額:母0円、兄75万円、私66万円 「成年被後見人が相続で...

税理士回答数 :  1 2016年12月05日 投稿

被成年後見人だった親の家(親非居住)を相続し、売却する際に受けられる控除

昨年末、親の死去に伴い空き家を相続しました。これから売却をしようと考えているのですが、親は認知症のため、亡くなるまで10年ほどグループホームに入所していました。...

税理士回答数 :  1 2017年05月22日 投稿

給与を0円にして、所得税を払っていない事に関して。

起業して3年目になります。 起ち上げ当時の税理士さんから 「給与を0円にすると所得税は払わなくてよい」 とのアドバイスをうけて、そのまま今日に至ります。 ...

税理士回答数 :  1 2014年07月31日 投稿

親戚から預かったお金に贈与税が発生しますか。

親戚から預かったお金を銀行に入れていましたが、税務署から所得税等、消費税及び贈与税の申告について所得税等に関する事項で申告の種類が白色、予定納税額(第1期分・第...

税理士回答数 :  2 2017年02月04日 投稿

所得0円の個人事業主にかかる住民税について

フリーランスでライターをやっています。平成27年1月に初めて青色申告をしました(26年度分)。収入-経費-控除額=0円になるのですが、平成27年度の住民税40,...

税理士回答数 :  1 2015年11月06日 投稿

累計 相談数
9,041
直近30日 相談数
420
直近30日 税理士回答数
619

みんなの税務相談

税理士の無料紹介

税理士選び〜契約までサポート

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー