税理士ドットコム - [法人税]取引相場のない株価評価② 法人→個人 - 甲③が利益を得ない価格、法人が損をしない価格で取...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 法人税
  4. 取引相場のない株価評価② 法人→個人

取引相場のない株価評価② 法人→個人

改めてご質問させて頂きます。
下記の場合の評価方法はどのようになるのでしょうか?
また、評価上の注意点は何かありますでしょうか。

発行済株式総数:540株
株主:個人5名、法人7社

A氏:45株、B氏:45株、C氏:45株、D氏:45株、E氏:45株
F社:45株、G社:45株、H社:45株、I社:45株、J社:45株、K社:45株、L社:45株

<補足>
・A氏は、F社の代表取締役であり、F社の発行済株式の86%を所有しています。
・甲氏は、F社の株主であり、F社の発行済株式の6%を所有しています。
・A氏と甲氏は特殊関係にあります。

<異動案>
・F社が所有している株式(45株)を甲氏が購入する場合の評価額はどのように算定したら良いのでしょうか。

税理士の回答

甲③が利益を得ない価格、法人が損をしない価格で取引します。
純資産価格が良いと思います。

本投稿は、2021年08月06日 11時15分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

法人税に関する相談一覧

分野

法人税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
71,612
直近30日 相談数
1,442
直近30日 税理士回答数
2,331