[法人税]役員退職金について - 税理士ドットコム
  1. 役員退職金について

法人税

 投稿

役員退職金について

いつも参考にさせて頂いております。

私の経営する会社は、私1人の代表取締役社長と、妻(時々バイトで手伝ってもらっている)の2人です。

この度私が他社に就職することになり、その会社では副業が禁止されているため、代表取締役社長を辞任し、妻を後任にしようと考えています。

ただ、取引先の窓口は今後も私でないと難しいため、給料は支給無しで、手伝いだけしようと考えております。

現在私を被保険者とし、会社が受取人の生命保険を掛けており、これを退職金として現物支給しようかと考えています。

上記の場合、みなし役員となってしまいますか?そうすると、役員退職金は否認されてしまいますか?

税理士の回答

相談者様が引き続き経営に従事(人・物・金・情報等に関する交渉や意思決定)する場合には退職したとはみなされないので、役員退職金が否認される可能性があります。
退職する以上は奥様にすべて委譲することが必要となりますのでご留意ください。
宜しくお願いします。

ご回答ありがとうございます。
やはり損金算入は難しいですよね。

その場合私が被保険者である生命保険はそのまま継続していても税務上は問題ないですか?

ご連絡ありがとうございます。
代表取締役は辞任するとしても非常勤の役員として残るということですあれば、会社契約の生命保険は継続していても宜しいと思います。
宜しくお願いします。

ご回答うありがとうございます。
非常勤の役員ならということなんですが、登記からも外す予定すので、会社法上は役員でなくなりますが、それではどうでしょうか?

使用人か顧問や相談役、会長などを考えています。

生命保険を継続するためには使用人という立場が宜しいと思います。
宜しくお願いします。

使用人がいいんですね。ではそうしたいと思いますが、なぜ使用人がよいのでしょうか?

会社契約で生命保険に加入していることを前提とすると、会社の役員か使用人である必要があります。登記上の役員も外すとなりますと、顧問等の場合には会社とはどのような関係になるのでしょうか。会社の外部の人を被保険者とすることはできないと思われますので、消去法的に使用人と考えたものです。
登記上は役員から外れたものの、顧問や相談役、会長などの肩書で実質的役員として経営に従事し、あくまでも会社内部の立場ということであれば、それらの名称でも良いのかもしれません。
宜しくお願いします。

なるほど。理解出来ました。大変参考になりました。ありがとうございました。

もう一点ご質問があります。

取締役辞任後も使用人であっても経営に従事する場合には、退職金は否認となるのはわかりました。

では、給与はどうなりますか?
現在は、代表取締役として定期同額給与を毎月支給してます。
使用人になった後、給与は無しと考えていますが、この辞任が期中に行われます。
その場合の税務上の取り扱いを教えて下さい。

立場的に使用人となりましても、ご質問文の通り経営に従事されるということですと、税務上は「みなし役員」となりますので、その給与につきましても役員給与として考える必要があります。通常の使用人のように残業代や賞与は損金になりませんのでご注意ください。
ただし、辞任と同時に給与は無しになるとのことですので、その点の問題はないかと思われます。
宜しくお願いします。

ご回答ありがとうございます。
給与に関しては使用人になった後も役員給与と考えるのですね。
辞任前に支給していた分は損金算入で問題はないですか?

辞任されるまでは取締役としての報酬ですので、就任期間中が定期同額であれば損金算入で問題ないと考えます。
宜しくお願いします。

給与は辞任前後問題ないんですね!
本当に大変助かりました!ありがとうございました!

本投稿は、2017年03月17日 16時52分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

退職金を現物で支給される場合の税金は?

28年勤めた会社が休業するとのことで解雇されます。 退職金の代わり(もしくは一部)として、会社所有の機材を貰い受ける場合、 それは退職所得になるのでしょうか...

税理士回答数 :  1 2016年07月05日 投稿

法人 代表取締役と取締役退職に関わる税金について

年商1000万以下の零細法人です。 勤続20年以上の代表と役員が退職することになりました。 もともと退職の際には 現物支給をする予定です。 現在 法人所有...

税理士回答数 :  1 2016年12月06日 投稿

法人契約の火災保険の受取人が社長個人になっている場合

・もともと社長個人で所有していたプレハブ小屋(事務所として利用している)を法人で買い取っていましたが、そのプレハブ小屋に法人で火災保険をかけていました。 ・そ...

税理士回答数 :  1 2014年12月16日 投稿

海外就職先での副業の禁止。お給料が安いので禁止だけど副業がしたい。会社にばれずにできますか?

私は海外で就職が決まっています。日本ではデザイナーとして仕事をしていて、いくつかフリーでのクライアントをもっています。売り上げがそれほど多くはないので、開業届け...

税理士回答数 :  1 2015年03月23日 投稿

死亡退職金の支給について

この度父が急逝しました。 同族法人の役員でしたが、相続税が 発生しそうです。 死亡退職金が出せると聞いたのですが、 退職金規定などはありません。 ...

税理士回答数 :  2 2016年11月28日 投稿

累計 相談数
8,610
直近30日 相談数
275
直近30日 税理士回答数
423

みんなの税務相談

税理士の無料紹介

税理士選び〜契約までサポート

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング