税理士ドットコム - [勘定科目]法人契約の火災保険の受取人が社長個人になっている場合 - 法人で買い取っていたのであれば、法人の収入にな...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 勘定科目
  4. 法人契約の火災保険の受取人が社長個人になっている場合

法人契約の火災保険の受取人が社長個人になっている場合

・もともと社長個人で所有していたプレハブ小屋(事務所として利用している)を法人で買い取っていましたが、そのプレハブ小屋に法人で火災保険をかけていました。
・その契約は法人で契約しているのですが、社長が物件の所有者を社長個人としており、実際に水害にあって、保険金が社長個人に入ってきました。
・この場合の保険金は、法人で雑収入として法人で受け入れないといけないでしょうか?
・ちなみに、このプレハブ小屋は、減価償却しており、水害後の修繕費は法人で負担しています。

税理士の回答

山本淳

法人で買い取っていたのであれば、法人の収入になります。

宜しくお願いいたします。

本投稿は、2014年12月16日 11時49分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

勘定科目に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,677
直近30日 相談数
1,275
直近30日 税理士回答数
2,346