税理士ドットコム - [計上]建築中の火災保険および地震保険の保険金に対する税務について - 通常の消費者が、家庭用の物品に係る損害保険や生...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 建築中の火災保険および地震保険の保険金に対する税務について

建築中の火災保険および地震保険の保険金に対する税務について

掲題の件で困っておりまして、下記の事例の場合に、
保険金に対して税法上どう処理をするのかご助言いただけますと幸いです。

損保の税務処理の基本では、火災保険や地震保険の目的は、損害の補てん分に限られているため、
保険金を受け取っても利益は生じないというのが小職の理解なのですが、
代理店より本当に正しいのか確認を求められております。


【事例】
Aさんは、B工務店が建設し完成後に住宅になる物件に対して、火災保険(地震保険付き)を契約している。
Aさん=契約者(保険料負担者)
B工務店=被保険者(引渡までの物件の所有者)

ケース①
建設中に火災が発生し、B工務店が保険金を受け取った場合の税法上の処理について

ケース②
建設中に火災が発生し、いったんAさんが保険金を受領し、B工務店に渡した場合の税法上の処理について

ケース③
建設中に地震が発生し、B工務店が地震保険金を受け取った場合の税法上の処理について

ケース④
建設中に地震が発生し、いったんAさんが地震保険金を受領し、B工務店に渡した場合の税法上の処理について

税理士の回答

通常の消費者が、家庭用の物品に係る損害保険や生命保険を受け取った場合は、非課税です。
しかし、事業者が、事業に関連して、損害保険を受け取った場合、収入として計上する必要があります。通常、消費者に関しては、受けた損害を全額経費とすることはできません(雑損控除)が、事業者に関しては、法人・個人にかかわらず、その損害を全額経費にできるので、保険金を全額収入にしないとつり合いがとれないからです。

建設までの工事費や、損害賠償金(あれば)を経費計上しているため、損害保険料も収入計上します。もっとも、ケース②④の場合で、AさんがBさんに保険金を渡す契約を締結せず、任意に渡した場合は、贈与税の問題が生じる可能性があります。

本投稿は、2016年02月19日 10時41分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 地震保険に関して

    東日本大震災の際、 都内に戸建の物件を所有しており、 地震保険にも加入しておりました。 今のタイミングで、下記のようなケースの場合 保険金を請求できるものなの...
    税理士回答数:  1
    2014年06月16日 投稿
  • 火災保険金への課税について

    個人事業で不動産賃貸をしているのですが、このたび台風の被害で保険金を受け取ることになりました。 損害保険金は非課税だということは知っているのですが、損害保険金...
    税理士回答数:  1
    2015年10月24日 投稿
  • 長期の火災保険を解約したときの処理

    お世話になります。 アパート経営をしております。 各アパートに長期の火災保険を掛けていましたが、今年10月から保険料が改定されるのをきっかけに、今まで掛けて...
    税理士回答数:  1
    2015年11月28日 投稿
  • 法人契約の火災保険の受取人が社長個人になっている場合

    ・もともと社長個人で所有していたプレハブ小屋(事務所として利用している)を法人で買い取っていましたが、そのプレハブ小屋に法人で火災保険をかけていました。 ・そ...
    税理士回答数:  1
    2014年12月16日 投稿
  • 死亡保険金受領後の手続きについて

     昨年末に息子が病死し、生命保険の死亡保険金1,000万円と百数十万円ほど入院やがん治療などの特約給付金を受け取りました。確定申告等、何らかの手続きをする必要が...
    税理士回答数:  4
    2016年07月25日 投稿

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,955
直近30日 相談数
1,133
直近30日 税理士回答数
2,205