消費税 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 消費税
  4. 消費税

消費税

簡易課税と原則課税のどちらが消費税の納税金額がお得かそれぞれ計算式も含めて、教えて頂きたいです。

売上1200万
経費700万
第2種小売業の仮定とします。

税理士の回答

ご記載の金額が税込、標準税率の前提で簡易な計算で回答します。(厳密には消費税と地方消費税は別に計算します)
①課税標準額 1,200万円×100/110=10,909,090円→10,909,000円(千円未満切捨て)
1.簡易課税
①×10%=1,090,900円➁
課税仕入れに係る消費税額 ➁×80%=872,720円③
差引税額 ➁-③=218,180円→218,100円(百円未満切捨て)
2.本則課税
①×10%=1,090,900円➃
課税仕入れに係る消費税額 700万円×10/110=636,363円⑤
差引税額➃-⑤=454,537円→454,500円(百円未満切捨て)

本投稿は、2022年08月05日 23時49分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

消費税に関する相談一覧

分野

消費税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
87,303
直近30日 相談数
1,209
直近30日 税理士回答数
2,087