税理士ドットコム - 仮想通貨の税金についてです。名義人が違うが実際の中は同一人物の場合。 - 文面からわかる範囲で回答します。実質所得者課税...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 仮想通貨
  4. 仮想通貨の税金についてです。名義人が違うが実際の中は同一人物の場合。
Amazonギフト券 5000円分 プレゼントキャンペーン実施中!

仮想通貨の税金についてです。名義人が違うが実際の中は同一人物の場合。

質問失礼致します。
姉の名義で仮想通貨サイトA内に入金した25万円で購入したビットコインが100万円になりました。
その後間違えて利確してしまいましたがすぐに買い戻しました。 
ビット→円→ビットみたいな感じです。
その後サイトAから私のサイトBへと100万円分のビットコインを送金しました。
しかしサイトAの名義人は姉なのですが、実際に使用していたのは私で、しかも最初に入金した25万円は、私の銀行口座からの振り込みです。
このケースの場合に税金を払うのは誰なのでしょか?
また何円分の税金が発生するのか教えて頂けると幸いです。
大変困っていまして、宜しくお願い致します。

(補足)
サイトA→名義人は姉、運営者と入金者は私
サイトB→名義人も運営者も私です。

税理士の回答

文面からわかる範囲で回答します。
実質所得者課税の原則により、納税義務者はご質問者様になります。(お姉さまは単なる名義人という取扱い)

雑所得の課税所得金額はビット→円の利益確定(売却)時の100万円-25万円=75万円、仮想通貨の雑所得は総合課税ですので、他の所得と合算した所得に対して所得税が課されますので、ご記載の情報だけでは税額はわかりません。

本投稿は、2021年02月23日 12時33分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

仮想通貨に関する相談一覧

分野

仮想通貨に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
59,730
直近30日 相談数
2,024
直近30日 税理士回答数
3,281