[税金・お金]商品券の贈呈 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 商品券の贈呈

商品券の贈呈

ご教示お願いいたします。
自社販売商品(他社から仕入れたもの)のみと交換できる自社で発行した商品券(1枚3千円)を、売上先や仕入先との社員懇親会で1人2枚セットを数人分贈呈するとした場合、もらった個人は所得税の対象となるのでしょうか。また、他に注意等ありましたら宜しくご教授お願い致します。

税理士の回答

商品券を頂く個人の方にとっては、法人からの贈与になりますので、「一時所得」として所得税等の課税対象になると考えます。
ただし、一時所得には「50万円の特別控除」がありますので、ご相談のケースだけであれば課税の問題にはならないと思われます。

受け取る個人の方が同一年に他の一時所得に該当する収入がある場合には、それらと合わせて50万円を超えないかどうかを判定する必要がありますのでご留意ください。
宜しくお願いします。

ご回答を頂きましてありがとうございます。
一時所得の考えで理解致しました。

本投稿は、2017年11月21日 12時29分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

税金・お金に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,841
直近30日 相談数
1,199
直近30日 税理士回答数
2,111