税理士ドットコム - 親の相続物件を法人として取得するには贈与?売買?どっちが節税? - 時価売買でも贈与でも親御様の税金は変わりません...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 親の相続物件を法人として取得するには贈与?売買?どっちが節税?

親の相続物件を法人として取得するには贈与?売買?どっちが節税?

親が賃貸戸建て(評価額1000万円)を持っており、それを私がもつ会社(法人)名義に変更しようと思っています。

その際、贈与と売買はどちらが節税になるのでしょうか?

税理士の回答

時価売買でも贈与でも親御様の税金は変わりません。個人から法人への贈与はみなし譲渡になるからです。
法人は時価で購入すれば固定資産の取得なので法人税等は生じませんが、無償での譲受であれば時価相当額が受贈益になり法人税等の課税対象になります。
従いまして、売買の方が法人の税負担は少なくなります。

本投稿は、2023年01月25日 15時54分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

節税に関する相談一覧

分野

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
107,517
直近30日 相談数
1,890
直近30日 税理士回答数
3,019