税理士ドットコム - [節税]12月の売上を1月とまとめてしまうことは可能かどうか - 役務の提供が完了し対価の請求権利が確定している...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 12月の売上を1月とまとめてしまうことは可能かどうか

12月の売上を1月とまとめてしまうことは可能かどうか

エンジニアとして客先に常駐して、毎月稼働した分の請求を行っています。

今年は売上が伸びすぎてしまいまして、12月分の売上を含めると今年の売上が1000万を超え、消費税の課税事業者になってしまいます。
そこで、12月の稼動分を請求せず、12月と1月の稼動分をまとめて請求できると、課税事業者にならずに済むと思いついたのですが、これは可能でしょうか?

先方には確認して、1月にまとめて請求すること自体は問題ないと回答をもらっています。

税理士の回答

役務の提供が完了し対価の請求権利が確定しているのであれば、本来は売り上げとして認識すべきものとなります。
その年に売り上げとして計上すべきものを、単に翌年にずらすことは利益調整となり、認められるものとはいえません。
依頼者との契約内容で、12月分の請求金額がどの時点で確定するのかを確認する必要があります。
12月に完了すべき業務が完了せず、1月以降に業務完了し売上金額が確定したといったような事情があれば、1月の売上とすることも可能かと思われます。
宜しくお願いします。

本投稿は、2015年11月23日 20時48分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,673
直近30日 相談数
1,067
直近30日 税理士回答数
2,139