税理士ドットコム - [節税]2019年 ふるさと納税限度額 住宅ローン控除 医療費控除 併用した場合 - ご提示の内容ですと所得税は0円となっており、住民...
  1. 税理士ドットコム
  2. 節税
  3. 2019年 ふるさと納税限度額 住宅ローン控除 医療費控除 併用した場合

2019年 ふるさと納税限度額 住宅ローン控除 医療費控除 併用した場合

住宅ローン控除と医療費控除を併用した場合の、ふるさと納税の限度額が分からないので、教えてください。

令和1年分の年末調整の結果です。
支払金額 4,313,009円
給与所得控除後の金額 2,909,600円
所得控除の額の合計額 1,539,992円
源泉徴収税額 0円
配偶者控除 380,000円
16歳未満の扶養親族 4人
社会保険料等の金額 696,718円
生命保険料の控除額 71,246円
地震保険料の控除額 12,028円
住宅借入金等特別控除の額 68,450円
住宅借入金等特別控除可能額 205,200円

また、今年は医療費が43万円程かかったため、確定申告をして医療費控除を申請しようと思っています。
以上の事をふまえて、これからふるさと納税をしたいのですが、限度額はどのくらいになるでしょうか。
昨年に比べてかなり収入が減ってしまってどの程度大丈夫か検討がつきません。
いろいろ調べたのですが、ふるさと納税をする事によって、住民税からの住宅ローン控除が少なくなってしまったりもあるようなので、どうするべきかが分からない状態です。
つたない質問で申し訳ありませんが、ご教示いただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

税理士の回答

ご提示の内容ですと所得税は0円となっており、住民税も住宅ローン控除の残額を使用することで0円となるはずです。
そのため、医療費控除・ふるさと納税とも申告しても還付される税金がないため、どちらも不要と考えます

本投稿は、2019年12月22日 14時56分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

節税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
39,185
直近30日 相談数
1,856
直近30日 税理士回答数
2,938