一般社団法人の「理事などの報酬」「社員の給与」の決め方 - 節税や実務に役立つ専門家が監修するハウツー - 税理士ドットコム

税理士の無料紹介サービス24時間受付

通話無料 0120537024

  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 会社設立のハウツー
  4. 一般社団法人の「理事などの報酬」「社員の給与」の決め方

一般社団法人の「理事などの報酬」「社員の給与」の決め方

一般社団法人は、人の集まりに対して、法人格が与えられた非営利団体のことをいいます。“非営利”と聞くと「報酬や給料は出せないのでは?」と考える方もいるかと思います。

非営利とは、「利益の分配ができない」という意味なので、報酬や給料を支給することは可能です。ただし、報酬の決め方や金額について、他の法人格とは異なります。そこでこの記事では、「理事の役員報酬」と「社員の給与」について解説します。

目次

「理事」と「社員」で構成される

一般社団法人は、「社員総会」と「理事」で構成されます。「社員総会」は「社員」で構成される一般社団法人の意思決定機関です。

一般社団法人の「社員」は一般企業でいう社員ではなく、株式会社でいう「株主」に相当します。そして「理事」は、社員総会で選ばれた法人の運営を任された人であり、株式会社でいう「取締役」に相当します。

理事などの報酬の決め方

一般社団法人の機関としては、理事の他にも、監事会計監査人などがあり、報酬の決め方はそれぞれ異なります。

理事の役員報酬

理事の役員報酬は、定款または社員総会の決議によって定めます。個別の金額を決めなくても、理事の役員報酬の総額(上限)を定めれば良いことになっています。個別の配分については、法人の利害には直接関係しないという考えからです。

配分は理事会の決議のほか、特定の理事の決定に任せることができます。

役員報酬について定款に定めると、役員報酬を変更する度に定款の変更も必要になるため、一般的には社員総会の決議で定めることが多くなります

理事の報酬を社員総会の決議で定めることを定款に記載した例

(報酬等)
第○○条 理事の報酬、賞与その他の職務執行の対価として当法人から受ける財産上の利益は、社員総会の決議によって定める。

監事の役員報酬

監事の役員報酬も同様に、定款または社員総会の決議によって定めます。

注意が必要なのは、監事には監査機関として理事からの独立性を保つ必要があるため、理事に監事の報酬の決定権を与えないということです。同時に、理事の報酬とは別々に決議する必要があります。

監事が複数名いる場合の具体的な配分は、定款や社員総会の決議がないときには、監事の協議によって定めることになります。

監事は、社員総会で報酬についての意見を述べることが認められている、という点が理事とは異なります。

会計監査人の報酬

会計監査人の報酬は、定款や社員総会の決議などで定める必要がありません

ただし、独立性を保つために、監事(監事が複数名いる場合にはその過半数)の同意を得る必要があります。

会計監査人の報酬を理事会において定めることを定款に記載した例

(報酬等)
第○○条 会計監査人に対する報酬等は、監事の過半数の同意を得て理事会において定める。

「社員総会」とは

社員総会とは、一般社団法人の社員で構成される組織で、一般社団法人の重要事項等を決定する「意思決定機関」のことです。株式会社の「株主総会」と同等の役割を担います。

「定時社員総会」と「臨時社員総会」があり、定時社員総会は、毎年の事業年度終了後、一定の時期に開催します。臨時社員総会は、定時社員総会とは別に、必要がある場合に臨時に開催します。

社員総会で決議できる事項は、理事会を設置している一般社団法人と、設置されていない一般社団法人によって異なります。

理事会を設置している一般社団法人は、一般社団法人法と定款に定められている事項について決議することができます。業務の執行の決定は理事会に委ねられており、社員総会での決議事項は限定的となります。

理事会を設置していない一般社団法人を「非理事会設置一般社団法人」といい、社員総会に与えられた権限は大きく、ほぼすべての事項を社員総会で決議することができます。

社員総会は、理事または理事会が、日時・場所・社員総会の開催の目的などを決めて、社員総会開催の1週間前までに、社員に対して招集通知を発送しなければいけなりません。

社員総会の決議は、定款に別段定めがある場合を除き、総社員の議決権の過半数を有する社員が出席し、出席した社員の議決権の過半数の賛成で可決されます。これを「普通決議」といいます。なお、理事、監事の役員報酬は普通決議で決められます。

社員の除名や定款の変更など、一般社団法人の運営に関する特殊な事項について決議する際には、「特別決議」が行われます。特別決議で決定するには、総社員の半数以上が出席し、出席した社員の議決権の3分の2以上の賛成が必要になります。

社員には給料を支給できない

一般社団法人の「社員」は、株式会社でいう「株主」に近い存在と位置付けられます。一般社団法人の「社員」へは、利益を分配することになるため、報酬や給料を払うことができません。

どうしても報酬や給料を支給したい場合には、理事か監事として役員報酬を支給するか、従業員として給料を支給するかになります。

従業員として給料を支給する場合、金額の決定には社員総会の決議などは必要ありません。また社員は役員を兼務することができます。

報酬・給料を支給するときの注意点

報酬や給料を支給するときには、株式会社など他の法人と同様に、「賃金の支払い5原則」を守る必要があります。

通貨払い給料は通貨(現金)で支払わなければなりません。小切手やモノなどの現物で支払うことは原則できません。
直接払い給料は従業員本人に支払わなけれなりません。家族の口座への支払いは認められません。
全額払い給料は全額を支払わなければなりません。ただし、所得税、住民税、厚生年金、健康保険などを控除して支給することができます。
毎月払い給料は毎月一回以上支払わなければなりません。額が少なくてもひと月に1回以上支払う義務があります。
一定期日払い給料は一定期日に支払わなくてなりません。毎月第4火曜日支給など、月により支払日がずれるのも認められません。

また、以下のような点にも留意しなければなりません。

非営利型法人として認められなくなることも

一定の条件を満たすと「非営利型法人」となり、税制上の優遇措置を受けることができます。ところが、過大な報酬や給料を支給すると、非営利型法人として認められなくなることがあります。

なぜなら、非営利型法人の要件には「特定の個人又または団体に特別の利益を与えたことがないこと」と定められているためです。

源泉徴収が必要になる

従業員への給料はもちろん、役員報酬も「給与所得」となり、源泉徴収が必要になります。徴収した所得税は、原則として給与を支払った月の翌月10日までに納める必要があります。

社会保険への加入が必要

従業員を雇用する場合は、健康保険や厚生年金など社会保険への加入が必要になります。対象となるのは常時雇用される従業員ですが、パート・アルバイトなども、労働日数や労働時間などの条件を満たせば、加入対象となります。

おわりに

一般社団法人は、株式会社のような営利法人と似通っている部分もありますが、決定的に異なる部分もいくつかあります。今回は報酬や給料を中心に解説しましたが、もし過大な報酬や給料を支給してしまうと、非営利法人としての税制上のメリットを失ってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

一般社団法人など非営利法人の設立や税務に精通した税理士に相談をすれば、その後の税務申告や組織運営などで、心強い存在になってくれるでしょう。

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

会社設立に関する税務相談Q&Aをみる

  • 個人事業主が他法人の社員になれるか

    情報システム業で個人事業主となりプロジェクト管理業務を請け負って約2年となります。 現在、請負契約で6月末までは、F社経由でC社のプロジェクトに従事しており、現...
    税理士回答数:  1
    2019年02月23日 投稿
  • 法人成りで備品などの処理について

    お世話になります。 現在、法人成りの準備をしているのですが、備品で冷蔵庫やパソコンなどがあるのですが、もともともらい物だったり、中古品で格安で消耗品として処理し...
    税理士回答数:  2
    2019年02月20日 投稿
  • 会社設立1年目の役員報酬無しについて

    初めまして。 昨年7月に合同会社を設立いたしました。 業務内容はお菓子の販売です。 知り合いの会社に7割は製造委託、3割はそこの会社を借り、製造し、時間のある時...
    税理士回答数:  1
    2019年02月20日 投稿
  • 資本金の使いみち

    初めて質問させていただきます。 この度、自分が働いていた店舗を買い取る事になりました。売上の関係で法人化が妥当だと言う事で、数日前に登記も完了しました。 資...
    税理士回答数:  1
    2019年02月20日 投稿
  • 法人で株取引をする場合

    法人で、本業以外に株取引をしようと思います。この場合、会社の定款に 業務として記載する必要があるでしょうか?
    税理士回答数:  1
    2019年02月18日 投稿

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応