[会社設立]修繕積立金の積み立て先 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 修繕積立金の積み立て先

修繕積立金の積み立て先

不動産所有会社を設立し、マンションの建設を始めるための準備をしている段階で、来年の初め頃に完成予定です。管理は一棟管理を依頼するつもりです(賃料保障ではありません)。
今後のことになりますが、経費となるものに修繕積立金がありますが、当該修繕積立金は、どこかに支払って積み立ててもらう必要があるのでしょうか。それとも、積立預金みたいなものでいいのでしょうか。

税理士の回答

修繕積立金を積立てた場合は、資産に計上されると思います。
積立預金でよいと思います。

賃貸物件のオーナーが将来の修繕に備えて資金を準備する方法としては、①普通に銀行の積立預金を活用する方法や、②証券会社の投資商品で積み立てる方法、③生命保険を活用して積立てる方法などがあります。
上記の①②の場合には全額が資産として処理されることになりますが、③の場合には活用する保険商品によっては全額が損金になったり1/2が損金になったりするものもあります。
活用する方法によって会計処理や税務の取扱いも異なってきますのでご留意ください。

生命保険の活用については、満期返戻金が8~9割程度と低く、費用化できるといっても単なる課税の繰延べ(満期返戻金が課税される)なので、よく検討されたほうがよいと思います。

本投稿は、2018年06月11日 08時21分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,325
直近30日 相談数
989
直近30日 税理士回答数
1,866