[会社設立]減資について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 減資について

会社設立

 投稿

減資について

減資を考えております。
減資をした場合の資産の取り扱いが分からず、相談をさせていただきたいです。

<会社について>
株式の100%は代表取締役が保有しているオーナー企業になります。
資本金(準備金を含む)は1億円です。
銀行の借り入れなど負債はありません。
資産は現金のみで5000万円あります。


<減資の方法>
資本金を1億円から1000万円に10分の1にしたいと思っています。
この場合、資産の現金5000万円はそのままになるのでしょうか。
それとも資本金が10分の1になるので、現金のうち9割を株主(代表取締役)に返すことになるのでしょうか。

上記の取り扱いが分からず、相談をさせていただきました。
回答をいただけると幸いです。
宜しくお願いします。

税理士の回答

東京都中央区の小林税理士事務所 小林拓未と申します。

減資には2種類あります。現金支出を伴う有償減資と、現金支出を伴わない無償減資です。現金をそのまま残しておきたいということであれば、無償減資を行うことになりますが、減資の目的によって、有償か無償かを決めることになります。

以上よろしくお願いいたします。

本投稿は、2017年01月03日 16時36分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
13,474
直近30日 相談数
628
直近30日 税理士回答数
1,679

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら