青色申告の記帳方法について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 青色申告
  4. 青色申告の記帳方法について

青色申告の記帳方法について

フリーランスで仕事をしています。
今年からやよいの青色申告オンラインで記帳をしています。

個人口座と事業で使用している口座が同じで、ほとんどが個人用として
使用している分になります。
完全に混在しているため、記帳では事業の分のみを抜粋して記載して
いますが、問題ありますでしょうか?
また、電気代や通信費は主人の名義の口座からの引き落としに
なっていますが、普通に記帳するだけで大丈夫でしょうかか。

よろしくお願いいたします。

税理士の回答

仕訳帳及び現金出納帳で説明いたしますと、法人の社長なら毎月報酬としての仕訳を行います。仕訳は、借方:役員報酬 貸方:現金(預金)とします。現金出納長には、支出:役員報酬と上がってきます。しかし、個人の場合は給料や報酬は取れませんので、次のように行います。仮に、月に1回まとめて生活費(事業以外の支出)を取ったとします。この場合の仕訳は、借方:事業主貸(生活費) 借方:現金(預金)とします。現金出納帳には、支出:事業主貸(生活費)と上がってきます。生活費(事業以外の支出)を毎日取ったときは、毎日、事業主貸(生活費)を記帳しなければなりません。この毎日の記帳をしないようにするには、できるだけまとめて取るようにしますが、毎月1回でなくともよいのです。週一とか10日に1回かにすれば記帳が少なくてすみます。この事業主貸を取ったときは、財布を別にします。この財布から奥様に生活費を渡してもよいし、ご自分の生活費等など私的に使ってよいのです。この財布の支出の内容は、家計簿等の問題ですから記帳してもしなくても特に問題ありません。また、現金出納帳の現金が足りない(事業資金)から、事業主貸(生活費)から戻す場合の仕訳は、貸方:現金 借方:事業主借とします。現金出納帳には収入又は入金で事業主借と上がります。次に、現在使われている預金通帳を事業用として使う場合を説明します。預金通帳から事業に使われている分を抜き出しているようですが、預金通帳から引き出した現金は、全て現金出納帳の入金欄に記帳します。仕訳は、借方:現金 貸方:預金です。現金出納帳では収入若しくは入金となります。また、預金通帳に入金された現金は、どこから入金されたかにより仕訳を行います。仮に、売上金10万円を現金でもらってその一部の3万円を預金通帳に入金した場合の仕訳は、借方:現金10万円 貸方:売上10万円、次に、借方:預金3万円 貸方:3万円とします。現金出納帳には、入金:売上10万円 支出:預金3万円となります。預金通帳の振込入金や自動引落しは現金出納帳には記載しません、あくまでも現金の出し入れだけです。預金通帳はもう一つの帳簿になります。以上回答しましたが、事業資金と生活資金を別々に管理するのは大変ですが、できる限り行ってください。

本投稿は、2015年11月24日 11時45分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

青色申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,016
直近30日 相談数
1,095
直近30日 税理士回答数
2,158